■ 「からくりサーカス」第7話予告。鳴海は人形破壊者=しろがねとなる

11月22日よりTOKYO MXほかにて放送が始まるTVアニメ「からくりサーカス」第7話「Demonic」の予告動画とあらすじが公開された。
奇病・ゾナハ病の真実、そしてゾナハ病をばら撒く元凶・真夜中のサーカスの存在を知った鳴海。子供たちの未来を奪う自動人形を倒すべく、鳴海は人形破壊者=しろがねとなることを決意する。一方、仲町サーカスとともに行動する勝としろがねは、謎の女性・ヴィルマと遭遇する。

■TVアニメ「からくりサーカス」とは
藤田和日郎先生の同名コミックが原作。監督は西村 聡さん、シリーズ構成は井上敏樹さん・藤田 和日郎さん、キャラクターデザインは吉松孝博さん、音楽は林ゆうきさん、製作をツインエンジン、アニメーション制作をスタジオヴォルンが担当する。

「3人の出会いが、運命の歯車を動かす―」
小学5年生の才賀勝は父親の事故死によって莫大な遺産を相続したことをきっかけに命を狙われていた。そんな折、青年加藤鳴海は偶然にも勝と出会い、手を差し伸べることを決意する。しかし、勝を追ってきたのは人間ではなく高い戦闘能力を持つ人形使い達であった。窮地に陥った二人は突如姿を現した懸糸傀儡(マリオネット)を操る銀髪の少女しろがねに助けられる。こうして、日本で出会ったこの3人は数奇な運命の?車に巻き込まれていく──

才賀 勝役を植田千尋さん、加藤鳴海役を小山力也さん、才賀しろがね役を林原めぐみさん、阿紫花英良役を櫻井孝宏さん、ギイ・クリストフ・レッシュ役を佐々木望さん、タランダ・リーゼロッテ・橘役を黒沢ともよさん、ヴィルマ・ソーン役を井上麻里奈さん、仲町信夫役を江川央生さん、仲町紀之役を岩崎諒太さん、仲町浩男役を石川界人さん、才賀正二役を田中正彦さん、才賀善治役を大塚明夫さん、ルシール・ベルヌイユ役を朴璐美さんが演じる。

(C)藤田和日郎・小学館 / ツインエンジン
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年12月18日(火)

2018年12月17日(月)

2018年12月16日(日)

2018年12月15日(土)

2018年12月14日(金)

今日予約開始の商品