■ 「火ノ丸相撲」8話。佑真は投げ出してしまった空手の道場を訪れる

11月23日よりTOKYO MX、BS11、サンテレビ、テレビ愛知、TVQ九州放送にて放送開始されるTVアニメ「火ノ丸相撲」第8話「覆水盆に返らず」のあらすじと場面が公開された。
一勝一敗で金盛と佑真の試合が始まる。佑真は追い込まれながら今自分がここにいる意味を問いただしていた。大会前、佑真はかつて自分が不良の道に進み、投げ出してしまった空手の道場を訪れる。師範に対し、これまでの非礼と過ちを謝罪し、更生を誓い再び教えを乞うが、師範は空手で人を傷つけた過去は許すことはできないと一刀両断する。

■TVアニメ「火ノ丸相撲」とは
川田先生の同名コミックが原作。総監督は宇田鋼之介氏、監督は山本靖貴氏、キャラクターデザインは田中紀衣氏、アニメーション制作はGONZOが担当する。

日本古来の武道であり、数少ない無差別級格闘技として「大きく」「重く」ある者が絶対的に優位であると言われている相撲の世界で、「国宝」と言われる、類まれなる体格と才能を持った選手たちがひしめく高校相撲が描かれる。身体の小さな主人公・潮火ノ丸(うしおひのまる)が、「国宝・鬼丸国綱」として、弱小相撲部の仲間たちと一緒に「横綱」という相撲界の頂点を目指す。

潮火ノ丸役を阿部敦さん、小関信也役を落合福嗣さん、五條佑真役を熊谷健太郎さん、國崎千比路役を佐藤拓也さん、三ツ橋蛍役を村瀬歩さん、辻桐仁役を寺島拓篤さん、五條礼奈役を小松未可子さん、堀千鶴子役を田辺留依さん、久世草介役を武内駿輔さん、狩谷俊役を吉永拓斗さん、四方田 尽役を杉山紀彰さん、澤井理音役を八代拓さん、ダニエル・ステファノフ役を冨森ジャスティンさん、沙田美月役を石川界人さん、金盛剛役を木村昴さん、荒木源之助役を浪川大輔さん、真田勇気役を嘉人さん、間宮圭一役を松川裕輝さんが演じる。

(C)川田/集英社・「火ノ丸相撲」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2018年12月12日(水)

2018年12月11日(火)

2018年12月10日(月)

2018年12月9日(日)

2018年12月8日(土)

今日予約開始の商品