■ 「となりの吸血鬼さん」第11話。風邪をひいた灯の看病をみんなで!?

12月14日よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送開始されるTVアニメ「となりの吸血鬼さん」第11話「風邪の季節」のあらすじと場面が公開された。
灯の様子がおかしいのを不安に思うソフィー。灯の様子が変なのはいつものことだとエリーは言うが、実は灯は風邪をひいていた。人間の病気が分からないソフィーは狼狽する。エリーが自身の医学知識に任せろというが、あてにならなそうなのでひなたに連絡する。灯が風邪だと知ったひなたは電話もそこそこに慌てて駆けつけてくる。

■TVアニメ「となりの吸血鬼さん」とは
月刊コミックキューンに連載されている甘党先生の同名コミックが原作。監督は秋田谷典昭さん、キャラクターデザイン・総作画監督は酒井孝裕さん、シリーズ構成は高橋龍也さん、アニメーション制作をStudio五組とAXsiZが共同で担当する。

天野灯はひょんなことからソフィー・トワイライトという吸血鬼の女の子に助けられ、一目でソフィーを気に入ってしまう。灯は彼女の家に押し掛け、強引に同居を始めることになる。ソフィーは吸血鬼だが、人間を襲うようなことはなく、通販で血液や趣味のアニメグッズを購入している現代的で庶民的な生活をしていた。イマドキ吸血鬼さんとの同居コメディ。

ソフィー役を富田美憂さん、灯役を篠原侑さん、夏木ひなた役をLynnさん、エリー役を和氣あず未さん、倉井朔夜役を日高里菜さん、青木夕役を内田彩さんが演じる。

(C)甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年4月4日(土)

2020年4月3日(金)

2020年4月2日(木)

2020年4月1日(水)

2020年3月31日(火)

予約受付中の人気作品