■ 「おこしやす、ちとせちゃん」13羽。絵のモデルとして南禅寺へ行く

1月4日より放送されるショートアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」第13羽のあらすじと場面が公開された。
お友達の橘千尋に声をかけられたちとせちゃん。美術部員である彼女の絵のモデルとして、一緒に南禅寺へとやってきましたが、どうやら彼女には悩みがあるようで…?

■TVアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」とは
原作は夏目靫子先生の同名コミック。監督は矢立きょうさん、音楽はこぐまさん、アニメーション制作はギャザリング。

京都に住む子ペンギン、その名もちとせちゃん。もふもふした愛らしい子ペンギンのちとせちゃんは、おいしいものや楽しいことが大好き。人々と触れ合ったり、おいしいものを食べ(させてもらっ)たりーー。好奇心のおもむくまま、京都の街をうろうろ。清水寺・銀閣寺・祇園…誰もが知っている京都の名所をペンギン視点から描く。

人間キャラクターを遊佐浩二さん、小岩井ことりさんが演じ、ナレーションを堤真一さんが担当する。

原作コミックは第3巻まで発売中だ。



(C)夏目靫子・講談社 / VAP
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年3月19日(火)

2019年3月18日(月)

2019年3月17日(日)

2019年3月16日(土)

2019年3月15日(金)