■ 「魔法少女特殊戦あすか」第5話。魔術傭兵のコンビにあすか苦戦

2月8日よりMBS・TBS・CBC・BS-TBS“アニメイズム”枠で放送されるTVアニメ「魔法少女特殊戦あすか」第5話「極めて現実的な対処法」のあらすじと場面が公開された。
魔術傭兵のコンビを前に苦戦するあすか。一方、くるみの応急処置もあり希美は一命をとりとめる。しかし、希美の負った傷は外傷以上に精神を蝕んでおり……。

■TVアニメ「魔法少女特殊戦あすか」とは
月刊ビッグガンガンに連載されている原作:深見真先生・作画:刻夜セイゴ先生の同名コミックが原作。監督は山本秀世さん、シリーズ構成は深見真さん・海法紀光さん、キャラクターデザインは鈴木陽子さん、音楽はR・O・Nさん、アニメーション制作をライデンフィルムが担当する。

21世紀。人類は遂に他の知的生命体との接触を果たす。しかし、その出会いは幸福なものではなかった。地冥界より侵攻する化け物は、現用兵器の多くを無効化し、人類の運命は風前の灯火と思われた。だが同じく地冥界に苦しめられていた、精霊環境条約機構の助けにより、人類は起死回生の一手を手にする。魔法少女である。強大な魔力を手にした少女たちは、心身に多くの傷を負いながらも、人類を勝利に導き、ついに大戦を終結させる。しかし、それさえも、新たな戦いの始まりに過ぎなかった。

国際犯罪、無差別テロ、内戦、紛争……。 魔法少女の戦いは終わらない――

大鳥居あすか役を洲崎綾さん、夢源くるみ役を関根明良さん、ミア・サイラス役を松井恵理子さん、与那嶺ちさと役を竹達彩奈さん、牧野希美役を高橋李依さん、羽田紗綾子役を橋本ちなみさん、タマラ・ヴォルコワ役をM・A・Oさん、ラウ・ペイペイ役を日笠陽子さんが演じる。

(C)深見真・刻夜セイゴ/SQUARE ENIX・「魔法少女特殊戦あすか」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年10月17日(木)

2019年10月16日(水)

2019年10月15日(火)

2019年10月14日(月)

2019年10月13日(日)

予約受付中の人気作品