■ CHIROLU先生「うちの娘」TVアニメ化。岡本信彦、高尾奏音が出演

著:CHIROLU先生/イラスト:景・トリュフ先生のライトノベル「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」のTVアニメ化が発表された。「可愛すぎて仕事に行きたくない」と保護者デイルがダメっぷりを発揮する、ラティナの虎猫亭でのお手伝いシーンが描かれたキービジュアルが公開された。

若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが――「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

メインキャストが発表された。デイル役を岡本信彦さん、ラティナ役を高尾奏音さんが演じる。

▼デイル(CV:岡本信彦さん)
18歳の若き凄腕冒険者。魔獣討伐中に森でラティナを拾い、保護者となった。普段はクールで凄腕の冒険者だが、ラティナの前ではデレデレ。

▼ラティナ(CV:高尾奏音さん)
デイルに森で拾われた魔人族の少女。詳しい生い立ちは不明。素直で優しくとても賢い、冒険者が集う「踊る虎猫亭」のアイドル的存在。角を隠すようにリボンを結んでいる。

原作ノベルは第7巻まで既刊で2月22日に第8巻が発売される。ほた。先生によるコミカライズ版は第4巻まで発売されている。


(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年5月23日(木)

2019年5月22日(水)

2019年5月21日(火)

2019年5月20日(月)

2019年5月19日(日)