■ 「猫企画」粟津順監督「けものフレンズ2は凄く良くできた物語」かも

愛知発のアニメ映画「猫企画」の粟津順監督が「けものフレンズ2」の第6話について「さすがにこれは…」と言及したのち、さまざまな考察を展開。「『けもフレ2はじつはすごく良くできた物語なのでは…?』と思い始めている」。


会話のない冷えきった猫井家に一石を投じる出来事が起こる。無職の父に届いた一通のメール。「あにゃたの才能を貸してください。ぴったりのお仕事があります。時給30000ニェン。」そのメールを信じた父は《猫企画》という怪しげな会社に採用面接を受けに行ってしまう。父が深夜になっても戻ってこないことをタクミが不審に感じ始めた頃、ムクミが彼にニュースを見せる。それは、猫たちが次々に行方不明になっているという内容だった……。

原作・脚本・監督は粟津順さん、音響監督は三ツ矢雄二さん、サウンドプロデューサーは山岡晃さん(ニャゴヤ・ニャーケストラ)、キャラクター衣装デザインは高橋恵美さん、モーションキャプチャ協力/モーションキャプチャアクターは古賀亘さん(活劇座)、立体造形は加茂薫さん、名古屋弁監修は安田文吉さん、企画・製作はスピード。

猫井タクミ役を戸松遥さん、ムクミ役を鬼頭明里さん、ユガミ/社長役を丹下桜さん、父役を三ツ矢雄二さんが演じる。

(C)2018「猫企画」
■TVアニメ「けものフレンズ2」とは
コンセプトデザインは吉崎観音先生、監督は木村隆一さん、シリーズ構成・脚本はますもとたくやさん、アニメーション制作はトマソン。

この世界のどこかにつくられた超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。そこでは動物たちがヒトの姿に変化する不思議な現象が。いつしかフレンズと呼ばれるようになったけものたちは、パークで平和に暮らしていました。ある日、フレンズのサーバルとカラカルは、森の中でヒトの子供と出会います。お腹を空かしたヒトの子供はなにやら困っているようで、サーバルたちは一緒に旅をすることになりました。旅の途中で出会う個性あふれるフレンズたちに、パークの秘密や美味しいもの! そして、大地を揺るがすような大ピンチ!? 新たなるジャパリパークの物語が、今はじまる!!

サーバル役を尾崎由香さん、フェネック役を本宮佳奈さん、アライグマ役を小野早稀さん、キュルル役を石川由依さん、カラカル役を小池理子さん、ロイヤルペンギン役を佐々木未来さん、コウテイペンギン役を根本流風さん、ジェンツーペンギン役を田村響華さん、イワトビペンギン役を相羽あいなさん、フンボルトペンギン役を築田行子さん、ラッキービースト役を内田彩さん、カタカケフウチョウ役を八木ましろさん、カンザシフウチョウ役を菅まどかさん、マーゲイ役を山下まみさん、ジャイアントパンダ役を前田佳織里さん、アルパカ・スリ役を藤井ゆきよさん、カルガモ役を金子有希さんが演じる。

(C)けものフレンズプロジェクト2A
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年5月23日(木)

2019年5月22日(水)

2019年5月21日(火)

2019年5月20日(月)

2019年5月19日(日)