■ 「ひざうえ。」11話。新連載ネタ出しのため母の花壇を頼りに徳島へ

3月20日より放送されるTVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」第11話「巡る想い」のあらすじと場面が公開された。
河瀬に連載の新シリーズ突入を提案されたものの、全くネタが思い浮かばない素晴。すると、気分転換に外出してはどうかと勧められ、旅行に行くことを決める。旅行先を考えていると、ふと母・佐保の花壇が目に入る。それは素晴のために、佐保が旅行先で植物の苗や種を買い、育ててきた花壇であった。ガーデンプレートには訪れた地名が書かれていたが、「徳島」と書かれたプレートにだけ何も植えられていなかった……。素晴は徳島へ旅立つことを決める。

■TVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」とは
原作はみなつき先生、漫画は二ツ家あす先生、監督は鈴木薫さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラクターデザイン・総作画監督は北尾勝さん、音楽はコトリンゴさん、制作会社はゼロジー。

他人が苦手で、人見知りの小説家・朏素晴(みかづき すばる)と過酷なノラ生活を生き抜いてきた猫のハル。ふとしたきっかけで一人と一匹はいっしょに暮らし始めが・・・? 日々の暮らしを ひと目線とねこ目線で描き、それぞれの想いが交互に織りなされるストーリーが”心があたたまる“と話題に。 些細な時間を積み重ねて、僕らは「家族」になっていく――ふたりでみつける幸せ一緒ぐらし。

朏素晴役を小野賢章さん、ハル役を山崎はるかさん、 河瀬篤役を下野紘さん、矢坂大翔役を堀江瞬さん、押守なな役を安済知佳さん、押守優伍役を中島ヨシキさん、はち役を村瀬歩さん、 ろく役を津田健次郎さん、秋元春役を南條愛乃さん、タロウ役を杉田智和さん、矢坂渚役を東城日沙子さん、トラ姉さん役を豊口めぐみさん、クロ役を小野大輔さんが演じる。

原作コミックは第4巻まで発売されている。



(C)みなつき・二ツ家あす・COMICポラリス/ひざうえ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年6月18日(火)

2019年6月17日(月)

2019年6月16日(日)

2019年6月15日(土)

2019年6月14日(金)

今日予約開始の商品