■ 「仙狐さん」2話にリムコロ先生が「どう転んでもご褒美じゃないか!」

4月17日に第2話「恥ずかしがらずともよいよい」が放送されたTVアニメ「世話やきキツネの仙狐さん」。リアルタイムで視聴したリムコロ先生が様々な感想をツイート。「どう転んでもご褒美じゃないか!!!!!ずるいぞ!!!!」「『人生なんだから一生やってよ!!!』」ってなんですか。


■TVアニメ「世話やきキツネの仙狐さん」とは
リムコロ先生がコミックNewtypeに連載中の同名コミックが原作。監督は越田知明さん、シリーズ構成は中村能子さん、キャラクターデザインは大島美和さん、総作画監督は大島美和さん・曾我篤史さん・熊谷勝弘さん、アニメーション制作は動画工房。

日々、自宅とブラック会社を往復する会社員・中野のもとに押しかけてきた神使のキツネ・仙狐さん(800歳・幼女)。彼女は疲労困憊の中野を、食事、洗濯、特別サービス(?)でめいっぱい“お世話”して、潤してくれる。突然始まる、仙狐さんと中野の共同生活。現代社会に疲れた全ての人に届けたい、お世話系甘やかしコメディ。

仙狐役を和氣あず未さん、中野役を諏訪部順一さん、シロ役を内田真礼さん、高円寺役を佐倉綾音さん、???役を喜多村英梨さんが演じる。

原作コミックは第3巻まで既刊で4月10日に第4巻が発売される。



(C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年8月21日(水)

2019年8月20日(火)

2019年8月19日(月)

2019年8月18日(日)

2019年8月17日(土)

今日予約開始の商品