■ 「うちの娘の為ならば、」ビジュアル3弾、PV、主題歌、追加キャスト

TVアニメ化が発表されていた「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の放送が2019年7月よりTOKYO MX、BS11、とちぎテレビ、J:COMテレビにてと決まった。キービジュアル第3弾とPV第1弾が公開され、追加キャストや主題歌情報が発表された。

キービジュアルには仲睦まじく過ごすラティナとデイルが描かれている。

PV第1弾ではラティナとデイル、そして虎猫亭や学舎の友達との出会いを描いかれており、デイルやラティナだけでなく、追加キャストのキャラボイスも聞くことができる。

ケニス役を小山剛志さん、リタ役を沼倉愛美さん、クロエ役を桑原由気さん、シルビア役を高野麻里佳さん、ルディ役を田村睦心さん、マルセル役を広瀬ゆうきさん、アントニー役を福原かつみさんが演じる。

▼ケニス(CV:小山剛志さん)
冒険者たちが集まる酒場兼宿屋「踊る虎猫亭」の主人。元冒険者でデイルとは現役時代からの古い付き合いでもある。

▼リタ(CV:沼倉愛美さん)
ケニスの妻。夫婦で「踊る虎猫亭」を営んでいる。客の荒くれ冒険者たちをあしらったり、情報を司る『緑の神の伝言板』から情報提供も行う。

▼クロエ(CV:桑原由気さん)
ラティナの友達。子どもたちのリーダー的存在である男前な少女。

▼シルビア(CV:高野麻里佳さん)
ラティナの友達。さっぱりとした性格で、年齢よりもやや大人びている。

▼ルディ(CV:田村睦心さん)
ラティナの友達。年齢の割にはやや大柄な少年で、ラティナのことが気になっている……?

▼マルセル(CV:広瀬ゆうきさん)
ラティナの友達。ぽっちゃりとした小柄な少年で、穏やかな性格をしている。

▼アントニー(CV:福原かつみさん)
ラティナの友達。すらりとした体形で、勉強ができる頭の良い少年。

オープニングテーマはラティナ(CV:高尾奏音さん)の「I'm with you」に決まった。

■TVアニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」とは
著:CHIROLU先生/イラスト:景・トリュフ先生の同名ノベルが原作。監督は柳瀬雄之さん、シリーズ構成・脚本は吉岡たかをさん、キャラクターデザイン・総作画監督は西田美弥子さん、舛舘俊秀さん、出口花穂さん、音楽は横関公太さん、アニメーション制作はMAHO FILM。

若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが――「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

デイル役を岡本信彦さん、ラティナ役を高尾奏音さん、ケニス役を小山剛志さん、リタ役を沼倉愛美さん、クロエ役を桑原由気さん、シルビア役を高野麻里佳さん、ルディ役を田村睦心さん、マルセル役を広瀬ゆうきさん、アントニー役を福原かつみさんが演じる。

原作ノベルは第7巻まで既刊で2月22日に第8巻が発売される。ほた。先生によるコミカライズ版は第4巻まで発売されている。


(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年8月21日(水)

2019年8月20日(火)

2019年8月19日(月)

2019年8月18日(日)

2019年8月17日(土)