■ 「ノブナガ先生の幼な妻」5話。いやらしいことは大歓迎の生駒吉乃

5月4日よりTOKYO MX“ふたばにめ”ほかで放送されるTVアニメ「ノブナガ先生の幼な妻」第5話「二人目」のあらすじと場面が公開された。
稲葉山城にある古い皿から出てきた女の子、生駒吉乃。帰蝶と同じく戦国時代から来たという。──信長様ならいやらしいことは大歓迎ですわ。新たな妻候補の登場に修羅場が訪れる。

■TVアニメ「ノブナガ先生の幼な妻」とは
紺野あずれ先生が月刊アクションに連載している同名コミックが原作。監督は佐々木勅嘉さん、シリーズ構成は翌有蔵さん、キャラクターデザインは西川鷹司さん、アニメーション制作はアニメーションスタジオ・セブン。

「ある日突然、自分のことを大好きな女の子が現れる」そんなギャルゲー展開を夢見続けていた教師・信永。彼の元に現れたのは、自分の妻を自称する14歳の少女・帰蝶。戦国時代からやってきたらしい彼女は、信永=織田信長と勘違いし、子づくりを迫るが…!? ギャルゲ脳な教師と戦国脳な姫が巻き起こす、年の差ラブコメ!!

織田信永役を酒井広大さん、斎藤帰蝶役を上原あかりさん、生駒吉乃役を小澤亜李さん、枇杷島万結役を結崎このみさん、星ヶ丘友里役を田中茉理花さん、熱田杏南役を豊田萌絵さん、織田市香役を木下鈴奈さんが演じる。

コミックスは第3巻まで発売されている。



(C)紺野あずれ/双葉社・「ノブナガ先生の幼な妻」製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年9月20日(金)

2019年9月19日(木)

2019年9月18日(水)

2019年9月17日(火)

2019年9月16日(月)

今日予約開始の商品