■ 「ワンパンマン」第7話。怪人幹部たちは級の戦いぶりを一笑に付す

5月21日にテレビ東京ほかで放送されるTVアニメ「ワンパンマン」第19話「S級のヒーロー」のあらすじと予告が公開された。
サイタマ、スイリューらベスト4が出揃ったスーパーファイトは大詰めを迎えていた。各地ではタツマキ、童帝、駆動騎士らS級ヒーローたちが事態の収束に乗り出し、怪人たちの勢力を押さえ込み始めていた。しかし、その戦況を怪人協会本部から見ていた幹部・ギョロギョロと、怪人王・オロチは、S級の戦いぶりを一笑に付すのだった。一方でアトミック侍は、ガロウ捜索の協力を仰ぐため、剣聖会屈指の大剣豪たちを集めていた。

■TVアニメ「ワンパンマン」とは
原作はONE・村田雄介先生の同名コミック。監督は櫻井親良さん、シリーズ構成は鈴木智尋さん、キャラクターデザインは久保田誓さん、音響監督は岩浪美和さん、音楽は宮崎誠さん、アニメーション制作をJ.C.STAFFが担当する。

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れ、あらゆる敵を一撃(ワンパン)で倒すヒーローである。ひょんなことから弟子となったジェノスと共にヒーロー協会で正式なヒーロー活動を開始する。怪人発生率が異常に高くなる中、大予言者シババワが遺した「地球がヤバい」災害の可能性があると考え、対策に乗り出そうとするヒーロー協会。そこに怪人に憧れるガロウが現れる。

サイタマ役を古川慎さん、ジェノス役を石川界人さん、音速のソニック役を梶裕貴さん、戦慄のタツマキ役を悠木碧さん、シルバーファング役を山路和弘さん、アトミック侍役を津田健次郎さん、童帝役を高山みなみさん、メタルナイト役を玄田哲章さん、キング役を安元洋貴さん、ゾンビマン役を櫻井孝宏さん、駆動騎士役を上田燿司さん、豚神役を浪川大輔さん、超合金クロビカリ役を日野聡さん、番犬マン役をうえだゆうじさん、閃光のフラッシュ役を鳥海浩輔さん、タンクトップマスター役を小西克幸さん、金属バット役を羽多野渉さん、ぷりぷりプリズナー役を小野坂昌也さん、イケメン仮面アマイマスク役を宮野真守さん、地獄のフブキ役を早見沙織さん、無免ライダー役を中村悠一さん、スイリュー役を松風雅也さんが演じる。

(C)ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年7月23日(火)

2019年7月22日(月)

2019年7月21日(日)

2019年7月20日(土)

2019年7月19日(金)