■ 「荒ぶる季節の乙女どもよ。」4話。髪を切って変貌したり香に騒然

7月26日よりMBS、TBS、BS-TBS“ アニメイズム”枠にて放送されるTVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」第4話「本という存在」のあらすじと場面が公開された。
髪を切り、コンタクトをつけたり香。その変わり様に教室は騒然。騒ぎに居心地が悪くなったり香は逃げるように屋上へむかうが、それを追いかけてきた天城駿に声をかけられる。その頃、和紗は泉の発.に悩んでいた。「自分じゃわからない。もやもやした感情に、名前をつけるために」。

■TVアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」とは
原作:岡田麿里先生/漫画:絵本奈央先生が別冊少年マガジンに連載中の同名コミックが原作。監督は安藤真裕さん・塚田拓郎さん、脚本は原作者である岡田麿里先生、キャラクターデザインは石井かおりさん、アニメーション制作をLay-duceが担当する。

あなたの“はじめて”を、わたしにください――。
高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じたある一言……。
その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

小野寺和紗役を河野ひよりさん、菅原新菜役を安済知佳さん、須藤百々子役を麻倉ももさん、本郷ひと葉役を黒沢ともよさん、曾根崎り香役を上坂すみれさん、典元泉役を土屋神葉さん、山岸知明役を福山潤さん、天城駿役を広瀬裕也さん、三枝久役を咲野俊介さん、十条園絵役を戸松遥さん、杉本悟役を花江夏樹さんが演じる。

原作コミックは第6巻まで発売されている。




(C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

2019年12月2日(月)

予約受付中の人気作品