■ 「ダンまちII」6話。肉感的な娼婦のアイシャは強引にベルを客にする

8月16日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II」第6話「淫都(イシュタル・ファミリア)」のあらすじと場面、予告が公開された。
夜な夜な不審な動きを見せ、出歩く命を心配し、後をつけることにしたベル、リリ、ヴェルフの三名。【タケミカヅチ・ファミリア】の友人である千草と合流し、命が向かった先は、オラリオが誇る、もうひとつの顔──大歓楽街だった。命と千草が歓楽街を訪れた理由は、昔なじみの友人が働いているという噂を聞きつけたからという話……だが、尾行のさなか人混みに揉まれて、ベルは仲間たちとはぐれてしまう。そして、迷い込んだ歓楽街で、肉感的な魅力を放つ娼婦・アイシャに目をつけられ、半ば強引に彼女の客となることに──。

■TVアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II」とは
著:大森藤ノ先生/ヤスダスズヒト先生のライトノベルが原作。監督は橘秀樹さん、シリーズ構成は白根秀樹さん、キャラクターデザインは木本茂樹さん、アニメーション制作はJ.C.STAFF。

その街には多くの神々が住まい、その街の中心には地中奥深く――深淵へと至る『ダンジョン』が存在する。その街の名は迷宮都市オラリオ。女神ヘスティアと冒険者ベル・クラネルは、相も変わらず主神とたったひとりの眷族という最小構成。だが、世界最速のランクアップという偉業を成し遂げたベルには、これまでにないほどの視線が注がれ始めていた――。迷宮・出逢い、そして冒険――。これは再び綴られ始めた、――少年が歩み、女神が記す【眷族の物語】――。

ベル・クラネル役を松岡禎丞さん、ヘスティア役を水瀬いのりさん、リリルカ・アーデ役を内田真礼さん、ヴェルフ・クロッゾ役を細谷佳正さん、ヤマト・命役を赤崎千夏さん、リュー・リオン役を早見沙織さん、アイズ・ヴァレンシュタイン役を大西沙織さん、アイシャ・ベルカ役を渡辺明乃さん、サンジョウノ・春姫役を千菅春香さん、ダフネ・ラウロス役を小若和郁那さん、カサンドラ・イリオン役を真野あゆみさん、ヒュアキントス・クリオ役をKENNさん、アポロン役を逢坂良太さんが演じる。

(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年10月16日(水)

2019年10月15日(火)

2019年10月14日(月)

2019年10月13日(日)

2019年10月12日(土)

予約受付中の人気作品