■ 「ぼくはか」は福山潤、櫻井孝宏、木村良平らドラマCDキャスト起用

2020年冬に放送されるTVアニメ「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」のメインキャストが発表された。2016年に制作されたドラマCDのキャストが起用されている。小雪芹役を福山潤さん、花鳥兜役を櫻井孝宏さん、月宮ウツギ役を木村良平さん、君屋ひびき役を代永翼さん、最上君影役を立花慎之介さん、時宗樒役を鳥海浩輔さん、澄楚琴子役を茅野愛衣さん、最上鈴蘭役を生田善子さん、相津役を増田俊樹さん、担任の先生役を近藤孝行さん、八重/ケルベロス役を赤﨑千夏さんが演じる。

▼小雪芹(CV:福山潤さん)

▼花鳥兜(CV:櫻井孝宏さん)

▼月宮ウツギ(CV:木村良平さん)

▼君屋ひびき(CV:代永翼さん)

▼最上君影(CV:立花慎之介さん)

▼時宗樒(CV:鳥海浩輔さん)

▼澄楚琴子(CV:茅野愛衣さん)

▼最上鈴蘭(CV:生田善子さん)

▼相津(CV:増田俊樹さん)

▼担任の先生(CV:近藤孝行さん)

▼八重/ケルベロス(CV:赤﨑千夏さん)

■TVアニメ「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」とは
亜樹新先生の超中二病と超ツッコミ厨がおくる男子高校生コメディが原作。監督は濁川さん、シリーズ構成は高橋ナツコさん、キャラクターデザインは中野裕紀さん、音楽ははらかなこさん、アニメーション制作はEMTスクエアード。

超ツッコミ気質の高校生・小雪芹は、そんな自分の気質のため、ツッコミ待ちな人間が大嫌い!! そんな彼が目をつけられたのは、外見も言動も空気も存在そのものも、全てがツッコミ待ち要素でできている最強中二高校生・花鳥兜。そんな彼には絶対に突っ込まないと誓う「芹」であったが、やはり突っ込んでしまう。そして彼の周りには、ちょっと変わった面々がどんどんと・・・。笑って笑って時々可愛い。男子高校生コメディが今始まる。

原作コミックは第10巻まで発売されている。






(C)亜樹新・KADOKAWA/ぼくはか製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年8月23日(金)

2019年8月22日(木)

2019年8月21日(水)

2019年8月20日(火)

2019年8月19日(月)