■ 葵せきなのライトノベル「生徒会の一存」のTVアニメ化が決定

ライトノベル「生徒会の一存」シリーズのTVアニメ化が決定した。1月20日に発売されたシリーズ最新刊となる「生徒会の四散 碧陽学園生徒会議事録 第4巻」の帯で告知されていたようだが、作者の葵せきなさんのブログ「栄養の無いサプリメント」でも正式に発表された。

「生徒会の一存」は、私立碧陽学園の生徒会室を舞台に、「ただの人間には興味あ(自主規制)」と叫ぶお子サマ生徒会長・桜野くりむや、「俺は美少女ハーレムを作る!」と宣言した唯一の男性である副会長・杉崎鍵、ボーイッシュで百合気味の副会長・椎名深夏、クールでサドの書記・紅葉知弦、はかなげで男性嫌いの腐女子という会計・椎名真冬の5人を中心とした、パロディネタ満載の連作短編小説。

葵せきなさんはブログで、アニメ化決定について「正気ですか? よくもまあ、この原作を映像化しようと思うものだ……」と書き込んでいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

今日予約開始の商品