■ 「うちの娘」8話。獣人族で年下のマーヤに懐かれたラティナだが…

8月22日よりOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」第8話「青年、故郷に着く。」のあらすじと場面が公開された。
デイルの親戚であるヨーゼフに案内され、獣人族の村を訪れたデイルとラティナ。そこでラティナは、ヨーゼフの娘であるマーヤに懐かれ、数日ほど一緒にすごすことに。年下であるマーヤに対して、お姉さんのようにふるまうラティナ。だが、デイルの故郷へ向かうため、ラティナはマーヤとお別れしなければいけなくなり──。

■TVアニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」とは
著:CHIROLU先生/イラスト:景・トリュフ先生の同名ノベルが原作。監督は柳瀬雄之さん、シリーズ構成・脚本は吉岡たかをさん、キャラクターデザイン・総作画監督は西田美弥子さん、舛舘俊秀さん、出口花穂さん、音楽は横関公太さん、アニメーション制作はMAHO FILM。

若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが――「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

デイル役を岡本信彦さん、ラティナ役を高尾奏音さん、ケニス役を小山剛志さん、リタ役を沼倉愛美さん、クロエ役を桑原由気さん、シルビア役を高野麻里佳さん、ルディ役を田村睦心さん、マルセル役を広瀬ゆうきさん、アントニー役を福原かつみさんが演じる。

原作ノベルは第8巻まで発売中。ほた。先生によるコミカライズ版は第4巻まで発売されている。


(C)CHIROLU・ホビージャパン/白金の妖精姫を見守る会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年11月15日(金)

2019年11月14日(木)

2019年11月13日(水)

2019年11月12日(火)

2019年11月11日(月)

予約受付中の人気作品