■ 「変好き」最終話。シンデレラの正体に動揺する慧輝は高熱を出し

9月23日よりAT-Xほかで放送されるTVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」第12話(最終話)「可愛ければ××でも〇〇になってくれますか?」のあらすじと場面が公開された。
“パンツを落としたシンデレラ”の正体に激しく動揺する慧輝。変わっていく彼女との距離に戸惑い、家出を決意し街に飛び出したものの、行く当てもなく彷徨うばかりだった。先々で出会った温かい友人たちの言葉も、根本的な解決には至らない。やがて降りだす雨が彼の身体を濡らす。思案の末ひとつの結論に至り、家へと帰り着いた慧輝だが、高熱を出してそのまま倒れてしまう。入れ替わり立ち代わり看病に訪れる女の子たち。長い一夜が明ける。変わるもの、変わらないもの、それを受け入れるために変わるべきか否か……。果たして慧輝の出した結論は?すべての謎が明かされた時、変態たちの夏が、熱く燃える――!!

■TVアニメ「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」とは
原作は花間燈先生、原作イラストはsune先生、監督はいまざきいつきさん、シリーズ構成は山下憲一さん、キャラクターデザイン・総作画監督は伊藤陽祐さん、アニメーション制作はギークトイズ。

彼女いない歴=年齢な普通の高校生、桐生慧輝に宛てられた突然のラブレター。遂に彼女ができると喜んだものの、そこに差出人の名前はなく、しかも何故だか純白のパンツまで添えられていて……??? 彼をとりまく可愛い女の子たちは誰もが怪しく、そしてちょっぴりワケあり風味!? 果たして“パンツを落としたシンデレラ”は誰なのか? 謎が謎を呼び、変態まで呼び寄せてしまう、新感覚変態湧いてくる系ラブコメがはじまる……!!

桐生慧輝役を下野紘さん、朱鷺原紗雪役を竹達彩奈さん、古賀唯花役を日高里菜さん、南条真緒役を野水伊織さん、桐生瑞葉役を本渡楓さん、鳳小春役を大橋彩香さん、藤本彩乃役を春野杏さん、秋山翔馬役を河本啓佑さん、沖田先生役を三森すずこさんが演じる。

原作ノベルは第7巻まで、CHuN先生によるコミック版が第2巻まで発売されている。


(C)2019 花間燈/KADOKAWA/変好き製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月12日(木)

2019年12月11日(水)

2019年12月10日(火)

2019年12月9日(月)

2019年12月7日(土)

予約受付中の人気作品