■ 「劇場版 はいふり」新キャラを高橋未奈美、長縄まりあ、楠木ともり

2020年1月18日に公開される「劇場版 ハイスクール・フリート」に登場する新キャラクターとそのキャストが発表された。大和艦長の宮里十海役を#高橋未奈美さん、副長の能村進愛役を長縄まりあさん、信濃艦長の阿部亜澄役を楠木ともりさん、副長の河野燕役を天野聡美さん、紀伊艦長の千葉沙千帆役を富田美憂さん、野際啓子役を鈴代紗弓さんが演じる。

第二弾キービジュアルが公開され、来場者特典はキャラソンCDに決まった。収録されるキャラソン6曲の歌い手を選ぶ「キャラクターソング争奪選挙」が開始されている。

主題歌はTVシリーズに続きTrySailが担当する。

今からおよそ100年前、プレートのずれにより、多くの国土を水没によって失った日本。国土保全のため次々と築かれた水上都市はいつしか海上都市となり、それらを結ぶ航路の増大に伴い、海の安全を守る職業「ブルーマーメイド」が女生徒たちの憧れとなっていた。

そんな「ブルーマーメイド」に憧れ、横須賀女子海洋学校に入学した岬明乃は航洋艦「晴風」の艦長に任命され、クラスのメンバーと共に海洋実習に参加する。艦を動かし、目的地へと向かうだけの安全な航海のはずが、彼女たちを待ち受けていたのは、数々の危機。教員艦からの突然の発砲、暴走する他学生艦との戦闘、救難船の救護活動など、数々の困難を辛くも乗り越え、無事に陸に帰還したことで、メンバー同士の間に固い絆が結ばれるのだった。

その騒動から1ヶ月後、テスト休みを満喫する晴風メンバーに新たな危機(ピンチ)が訪れる。それは晴風クラスが解体されるというもの。晴風メンバーは、動揺しながらも再び一丸となり、クラスの解体を阻止したことで、絆をより深めていくのだった。

こうして数々の困難を乗り越え成長した晴風メンバーたち。そんな彼女たちに訪れる、新たな"危機"とは―――?

原案は鈴木貴昭さん、キャラクター原案はあっとさん、総監督は信田ユウさん、監督は中川淳さん、脚本は鈴木貴昭さん・岡田邦彦さん、キャラクターデザイン・総作画監督は中村直人さん、制作はA-1 Pictures。

岬明乃役を夏川椎菜さん、宗谷ましろ役をLynnさん、立石志摩役を古木のぞみさん、西崎芽依役を種崎敦美さん、納沙幸子役を黒瀬ゆうこさん、知床鈴役を久保ユリカさん、知名もえか役を雨宮天さんが演じる。

(C)AAS/海上安全整備局
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年10月23日(水)

2019年10月22日(火)

2019年10月21日(月)

2019年10月20日(日)

2019年10月19日(土)

予約受付中の人気作品