■ 「アズールレーン」4話に小原好美演じるシェフィールド、高雄ら登場

10月24日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「アズールレーン」episode 04「【桜嵐】外套と短剣」に登場するキャラクターが追加された。小原好美さん演じるシェフィールド、加隈亜衣さん演じる高雄、久野美咲さん演じる長門、上坂すみれさん演じる明石が登場する。

▼シェフィールド(CV:小原好美さん)
ロイヤル所属の軽巡洋艦。女王に仕えるメイド隊の一人。無口だが常に冷静沈着に諜報などの任務を遂行する。

▼高雄(CV:加隈亜衣さん)
古風な口調が特徴の、重桜所属の重巡洋艦。生真面目な性格で常に厳しく剣の鍛錬に励む、根っからの武人。

▼長門(CV:久野美咲さん)
重桜所属の戦艦。容姿は幼い少女だが重桜艦隊を統べる旗艦としての威厳を備えている。アズールレーンとの戦争にはやや懐疑的な姿勢。

▼明石(CV:上坂すみれさん)
重桜所属の工作艦。性格や言動がどこからどう見てもネコっぽいが、いつどんな場所でも商いを忘れないほど商魂はたくましい。

■TVアニメ「アズールレーン」とは
世界中の艦船を擬人化した少女たちを育成・編成して戦う、人気スマホ向けゲームがアニメ化。監督は天衝さん、シリーズ構成は鋼屋ジンさん、キャラクターデザイン・総作画監督は野中正幸さん、アニメーション制作はバイブリーアニメーションスタジオ。

物語の舞台は、我々の知らない、地表の71%が水で覆われた青き星。異世界より突如現れた、異形の敵「セイレーン」。圧倒的な力を有する外敵に対抗するべく、人類は4大陣営を中心に世界的な連合組織「アズールレーン」を結成した。自由を敬う「ユニオン」、 栄光を重んじる「ロイヤル」、 結束を讃える「鉄血」、羈絆を尊ぶ「重桜」。そんな人々の英知を結集した「キューブ」を用いて誕生されたのは、鋼鉄の艨艟(もうどう)たちの力を有する少女たち。時に勇壮、時に美しく、時にダイナミック――陣営の垣根をも乗り越えた彼女たちの活躍により、セイレーンの侵攻が食い止められ、その勢力がほぼ撃退されたように見えた。しかし「セイレーンの力を用いるべきか否か」という理念の違いからか、はたまたフネではなく、ヒトとしての彼女たちの思いからか――「重桜」と「鉄血」に代表された一部の勢力が「アズールレーン」から離脱し、「レッドアクシズ」として活動を開始した。そんな「レッドアクシズ」の動向を監視するため、「アズールレーン」は大洋の中で新たな基地を新設し戦力を集結。状況は一触即発。少女たちの運命はまだ誰も知らない……。

エンタープライズ役を石川由依さん、ベルファスト役を堀江由衣さん、赤城役を中原麻衣さん、綾波役を大地葉さん、ラフィー役を長縄まりあさん、ジャベリン役を山根希美さんが演じる。

(C)Manjuu Co.,Ltd., Yongshi Co.,Ltd.&Yostar Inc./アニメ「アズールレーン」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月7日(土)

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

予約受付中の人気作品