■ 「戦×恋」4話。二葉とパンツを取られたら負けなルールの鬼ごっこ

10月26日より放送されるTVアニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」第4話「奉仕する乙女」のあらすじと場面が公開された。
全国模試を受けるも、いつもの緊張で失敗してしまい落ち込む拓真。そんな様子を見て三沙は、勉強の息抜きにと鬼ごっこに誘う。渋々参加する拓真だったが、その鬼ごっこというのが「パンツを取られたら負け」という驚きのルールだった。さらに、鬼役の二葉は一瞬でパンツを奪い取る強さから「女王陛下」の異名を持つことが判明。果たして姉妹と拓真はパンツを守り切れるのか!?

■TVアニメ「戦×恋(ヴァルラヴ)」とは
朝倉亮介先生のガンガン史上最エロ作品が原作。監督は直谷たかしさん、シリーズ構成は髙橋龍也さん、キャラクターデザイン・総作画監督は立石聖さん、アニメーション制作はフッズエンタテインメント。

人類に迫りくる悪魔を迎え撃つ9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)。彼女らの原動力は1人の高校生との“恋”だった――――。「アクマ」というあだ名をつけられるほどの強面の風貌から周囲に怯えられ、上手く他人と関わることができない孤独な高校生・亜久津拓真。一人の少女を助けたことをきっかけに、悪魔と戦う9人姉妹の戦乙女(ヴァルキリー)の恋人となって育て、人間界を守ってほしいと頼まれる。その方法は…戦乙女と“恋(イチャイチャ)”をすること!! 9人姉妹と恋人契約を結んだ拓真は彼女らと一つ屋根の下で暮らし、様々な濃いミッションを乗り越え、彼女らを戦いへ導くことに…恋が世界を救うことを証明せよ!戦乙女(ヴァルキリー)、発動――


亜久津拓真役を広瀬裕也さん、三つ子の戦乙女、早乙女七樹役を本渡楓さん、早乙女五夜役を加隈亜衣さん、早乙女六海役を日高里菜さん、早乙女一千花役を内山夕実さん、早乙女二葉役を原由実さん、早乙女三沙役を清水彩香さん、早乙女四乃役を逢田梨香子さん、早乙女八雲役を河瀬茉希さん、早乙女九瑠璃役を小岩井ことりさん、スー役を新田ひよりさん、犬飼透役を平川大輔さん、スクルド役を種﨑敦美さん、レスクヴァ役をM・A・Oさん、ウル役を福圓美里さんが演じる。

原作コミックは第8巻まで発売中だ。

(C)朝倉亮介/SQUARE ENIX・「戦×恋」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年11月15日(金)

2019年11月14日(木)

2019年11月13日(水)

2019年11月12日(火)

2019年11月11日(月)

予約受付中の人気作品