■ 「のうきん」5話。レーナの心を今も苛む悲しき記憶が今明かされる

11月4日より放送開始となるTVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」の第5話「みんなの昔話って言ったよね!」のあらすじと場面が公開された。
今明かされるレーナの過去……それは、彼女の心を今も苛む悲しき記憶であった。あと、ポーリンの過去も明らかになり、ついでにメーヴィスの過去もさらされる。そして当然、マイルの過去も判明。今までなんやかんやでごまかしてきた、異世界転生直後のマイルの真実が今ここに! もちろん『あの子たち』も出るよ!

■TVアニメ「私、能力は平均値でって言ったよね!」とは
原作:FUNA先生、イラスト:亜方先生の人気ライトノベルが原作。人よりちょっとだけ“できる子”だった女子高生、栗原海里が、ある事故をきっかけに異世界へ転生。ファンタジーのような異世界を舞台に、魔法やバトル、仲間との友情や少女たちの絆が描かれる。

とある事故をきっかけに異世界へ転生してしまった人よりちょっとだけ「できる子」だった女子高生・栗原海里(くりはらみさと) 彼女がその新しい世界で望んだものは… 「わたし、普通に友達をつくって、普通の生活を送りたい―」
マイル役を和氣あず未さん、レーナ役を徳井青空さん、メーヴィス役を内村史子さん、ポーリン役を田澤茉純さん、ナノちゃん役を羽多野渉さん、レニー役を河野ひよりさんが演じる。

原作ノベルは11巻まで発売中。
(C)FUNA・亜方逸樹/アース・スター エンターテイメント/のうきん製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年11月15日(金)

2019年11月14日(木)

2019年11月13日(水)

2019年11月12日(火)

2019年11月11日(月)

予約受付中の人気作品