■ 「アサシンズプライド」5話。選抜者4組が総当たりのバトルロイヤル

11月7日よりTOKYO MXほかにて放送されるTVアニメ「アサシンズプライド」#5「黄金の姫と、白銀の姫」のあらすじと場面が公開された。
暗殺者ブラック=マディアの侵入にルナ・リュミエール選抜戦の中止を申し出るクーファとロゼッティ。しかし、提案は却下され、メリダとエリーゼも仲を拗らせたまま選抜戦の期間が過ぎていく。そして、最終日。選抜者4組総当たり戦となるバトルロイヤルの試練が幕を開ける…。

■TVアニメ「「アサシンズプライド」とは
著:天城ケイ先生/イラスト:ニノモトニノ先生の同名ライトノベルが原作。監督は相浦和也さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラクターデザイン・総作画監督は吉川真帆さん、サブキャラクターデザイン・総作画監督は齊藤佳子さん、アニメーション制作はEMTスクエアード。

マナという能力を持つ貴族が人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。「彼女に才なき場合、暗殺する」という任務を背負い──。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが……。「オレに命を預けてみませんか」。暗殺者でもなく教師でもない暗殺教師の矜持(プライド)にかけて、少女の価値を世界に示せ!

クーファ=ヴァンピール役を小野友樹さん、メリダ=アンジェル役を楠木ともりさん、エリーゼ=アンジェル役を石川由依さん、ロゼッティ=プリケット役を薮内満里奈さん、ネルヴァ=マルティーリョ役を佐倉綾音さん、オヤジ役を森川智之さん、ウィリアム・ジン役を鈴木達央さんが演じる。

原作ノベルは第9巻まで、加藤よし江先生によるコミカライズ版が第3巻まで発売中だ。


(C)2019 天城ケイ・ニノモトニノ/株式会社KADOKAWA/アサシンズプライド製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年11月21日(木)

2019年11月20日(水)

2019年11月19日(火)

2019年11月18日(月)

2019年11月17日(日)

予約受付中の人気作品