■ 「トクナナ」6話。一ノ瀬はテロリストのほとんどが素人と気づき立案

11月10日よりAT-X、TOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」File.06「六分間の死闘」のあらすじと場面が公開された。
桐生院の命令により四季彩たちが駆け付けるが、妨害電波のせいで地下にいる二条とは連絡がとれない。一刻を争うため、一ノ瀬はこのメンバーでの人質救出を判断する。圧倒的に不利な状況ではあるが、一ノ瀬はテロリストのほとんどが一般人に近い素人同然の者たちの集まりであることに気づき、ある作戦を立てる。それは意外性があるものの、かなりエキセントリックなもので…。七月たちは人質を無事救出できるのか…!?

■TVアニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」とは
総監督は栗山貴行さん、監督は小坂春女さん、シリーズ構成は東出祐一郎さん、キャラクターデザインはさらにキャラクター原案は飯島弘也さん、キャラクター原案は黒乃奈々絵さん。

はるか昔。この世界には、エルフ・ドワーフ・吸血鬼・ホムンクルス・人間など、数多の種族が存在していた。争いの絶えないヒエラルキーの頂点は『ドラゴン』。しかし長い時を経て『ドラゴン』は消え、残った種族たちも共存を選び、時代を重ねるごとに僅かな外見的特徴を残して皆ほぼ人間と変わらない姿となった。

2×19年、東京。

平穏になったと思われた現代。それでも犯罪がなくなったわけではない。かつて存在した『ドラゴン』に心酔し、その力を欲するあまり凶行に走る組織――『ナイン』。彼らは凶悪事件を引き起こし、現在の世界をつくり変えようと画策していた。『ナイン』に対抗するため、各分野のエキスパートを集めた対策室が警視庁で組成される。その名は『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課――通称トクナナ』。個人の能力はずば抜けて高いものの、「はぐれ者集団」「ごくつぶし集団」とも噂されていた。

そんなトクナナに、新たに所属することになった ルーキー・七月清司。個性溢れるメンバー達に翻弄されながら、持ち前の明るさと真っ直ぐさでナイン事件の解決に挑んでいく。次々と起こる難事件の中で、彼は自分の信じる正義を見つけられるのか――。

七月清司役を下野紘さん、一ノ瀬栞役を津田健次郎さん、二条クジャク役を鈴木達央さん、四季彩紅音役を甲斐田裕子さん、ベルメール・サンク役を小澤亜李さん、遠藤六輔役を乃村健次さん、桐生院左近零衛門役を森川智之さん、ウォーロック役を平田広明さん、謎の男役を松岡禎丞さん、黒真珠役を島﨑信長さんが演じる。

(C)特殊凶悪犯対策室 第七課
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年11月15日(金)

2019年11月14日(木)

2019年11月13日(水)

2019年11月12日(火)

2019年11月11日(月)

予約受付中の人気作品