■ 「ドロヘドロ」に鵜殿麻由、稲田徹、三木眞一郎ら。先行上映会開催

2020年1月12日よりTOKYO MXほかにて放送が始まるTVアニメ「ドロヘドロ」の追加キャストが発表された。魔法を使う謎の生き物キクラゲ役は鵜殿麻由さん、十字目組織の一員・栗鼠役はソンドさん、顔が怖くて義理人情に厚い丹波役は稲田徹さん、食材から人形を創り出す魔法使いターキー役は三木眞一郎さん、ニカイドウのことを気にかけている悪魔アス役は郷田ほづみさん、かけられた魔法を解くことができる魔法使い鳥太役は勝杏里さん。

1月5日に東京・さくらホールにてスペシャルイベント「仮面武装会」が開催される。第1話~第3話が先行上映され、カイマン役の高木渉さん、ニカイドウ役の近藤玲奈さん、能井役の小林ゆうさん、藤田役の高梨謙吾さん、恵比寿役の富田美憂さんによるトークショーが行われる。来場者特典は林田球先生描き下ろし年賀状やカイマンお面。

■TVアニメ「ドロヘドロ」とは
林田球先生の同名コミックが原作。監督は林祐一郎さん、シリーズ構成は瀬古浩史さん、キャラクターデザインは岸友洋さん、アニメーション制作はMAPPA。

魔法によって顔をトカゲにされてしまった記憶喪失の男、カイマン。本当の顔と記憶を取り戻すため、相棒のニカイドウと一緒に自分に魔法をかけた魔法使いを探し続ける。いったい自分は何者なのか……。

カイマン役を高木渉さん、ニカイドウ役を近藤玲奈さん、煙役を堀内賢雄さん、心役を細谷佳正さん、能井役を小林ゆうさん、藤田役を高梨謙吾さん、恵比寿役を富田美憂さん、バウクス役を江川央生さん、カスカベ役を市来光弘さん、キクラゲ役を鵜殿麻由さん、栗鼠役をソンドさん、丹波役を稲田徹さん、ターキー役を三木眞一郎さん、アス役を郷田ほづみさん、鳥太役を勝杏里さんが演じる。

原作コミックは全23巻で発売されている。

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

2019年12月2日(月)

予約受付中の人気作品