■ 「planetarian~雪圏球」CF開始2日で目標額3000万円達成しOVA化

「planetarian」シリーズの外伝小説「雪圏球(スノーグローブ)」の映像化を目指すクラウドファンディングが11月29日にスタートしたが、開始2日で目標額の3000万円に達成し、OVAの制作が決定した。

世界中の人類が熱狂した宇宙開拓が終焉を迎えつつある時代。花菱デパート、プラネタリウム館のコンパニオンロボット「ほしのゆめみ」は業務命令を無視して職場放棄を繰り返していた。それはゆめみが10年前に行った、ある「約束」が原因で……。世界がまだ平和だったころの、心温まる物語。まだインフォメーションリボンもない在りし日のほしのゆめみが雪圏球を手にしている。

監督は玉村仁さん、シリーズ構成・脚本はヤスカワショウゴさん、キャラクターデザイン・総作画監督は竹知仁美さん、スーパーバイザーは津田尚克さん、アニメーション制作はオクルトノボル。

(C)VisualArt's/Key/planetarian project
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月13日(金)

2019年12月12日(木)

2019年12月11日(水)

2019年12月10日(火)

2019年12月9日(月)

予約受付中の人気作品