■ 「炎炎ノ消防隊」20話。アローを倒すため火縄が手にしたものとは…

12月6日よりMBS・TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠にて放送されるTVアニメ「炎炎ノ消防隊」第弐拾話「誇りを纏って」のあらすじと場面が公開された。
隊を分断され、単独で「地下(ネザー)」を進む火縄。暗闇と霧が視界を妨げる中、突如、閃光とともに飛び来る炎の矢。 白装束の射手・アローの冷徹な攻撃に負傷し苦戦するも、部下であるシンラの人格を軽視するアローの言葉が、火縄の感情に火を灯す。アローを倒すため火縄が手にしたものとは――。

■TVアニメ「炎炎ノ消防隊」とは
大久保篤先生が週刊少年マガジンに連載中の同名コミックが原作。監督は八瀬祐樹さん、シリーズ構成は蓜島岳斗さん、キャラクターデザインは守岡英行さん、アニメーション制作はdavid production。

全人類は怯えていた──。何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命。とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・森羅日下部(シンラ クサカベ)は、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!!

森羅日下部役を梶原岳人さん、アーサー・ボイル役を小林裕介さん、アイリス役をM・A・Oさん、レオナルド・バーンズ役を楠大典さん、カリム・フラム役を興津和幸さん、フォイェン・リィ役を日野聡さん、烈火星宮役を関智一さん、茉希尾瀬役を上條沙恵子さん、武久火縄役を鈴村健一さん、秋樽桜備役を中井和哉さん、環古達役を悠木碧さん、武能登役を小西克幸さん、プリンセス火華役をLynnさん、トオル岸理役を河西健吾さん、新門紅丸役を宮野真守さん、相模屋紺炉役を前野智昭さん、ジョーカー役を津田健次郎さん、ヴィクトル・リヒト役を阪口大助さんが演じる。

コミックは20巻まで発売されている。

(C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年12月6日(金)

2019年12月5日(木)

2019年12月4日(水)

2019年12月3日(火)

2019年12月2日(月)

予約受付中の人気作品