■ 「旗揚!けものみち」最終話。ケモナーマスク対MAOは場外乱闘へ

12月18日よりAT-X、TOKYO MXにて放送開始となるTVアニメ「旗揚!けものみち」第12話(最終話)「勇者×魔王」のあらすじと場面が公開された。
ケモナーマスク対MAOの最後の戦いが始まった! 場の流れをつかもうとMAOは慎重になるが、これはプロレス。観客を楽しませないでどうすると、ケモナーマスクは定石を覆す闘いを繰り広げる! そして試合は場外乱闘へ発展、全てのモノを破壊し、全てが崩壊する大騒動の末……最後に二人が行き着く結末やいかに!?

■TVアニメ「旗揚!けものみち」とは
原作:暁なつめ先生/漫画:まったくモー助先生・夢唄先生が月間少年エースに連載している「けものみち」が原作。監督は三浦和也さん、シリーズ構成は待田堂子さん、キャラクターデザインは能海知佳さん、アニメーション制作はENGI。

最強覆面レスラー・ケモナーマスク。アリーナの大歓声に包まれて、宿敵MAOとの決着をつける世界タイトルマッチのゴングが今、鳴り響いた!はずだったのだが…試合の最中突如リングの上から異世界に召喚されたケモナーマスクこと柴田源蔵は、アルテナ姫から魔王と邪悪なる魔獣の退治を言い渡される。しかしケモノを愛する源蔵はその依頼を断固拒否!「魔獣だって愛情を持って接してやれば、無闇に人を襲ったりしない!」彼の真の夢は、ケモノに囲まれてペットショップを経営することだったのだ。源蔵はこの異世界で、輝かしい第二の人生をスタートすることができるのか!?

柴田源蔵役を小西克幸さん、MAO(マカデミアンオーガ)役を稲田徹さん、シグレ役を関根明良さん、花子役を八木侑紀さん、カーミラ役を櫻庭有紗さん、ひろゆき役を末柄里恵さん、ミーシャ役を集貝はなさん、ボンちゃん役を松田健一郎さん、エドガー役を武虎さんが演じる。

原作コミックは現在第6巻まで発売中だ。

(C)2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月7日(火)

2020年7月6日(月)

2020年7月5日(日)

2020年7月4日(土)

2020年7月3日(金)

予約受付中の人気作品