■ 「ランウェイで笑って」6話。育人が選んだモチーフに審査員が驚愕

2月14日よりMBS・TBS・BS-TBS"アニメイズム"枠にて放送されるTVアニメ「ランウェイで笑って」6着目「優越感と劣等感」のあらすじと場面が公開された。
参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は……? 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。

■TVアニメ「ランウェイで笑って」とは
週刊少年マガジンに猪ノ谷言葉先生が連載している同名コミックが原作。監督は長山延好さん、シリーズ構成は待田堂子さん、キャラクターデザインは金子美咲さん、アニメーション制作はEzo'la。

身長158cmの藤戸千雪の夢は、パリコレモデル。モデルとして致命的な低身長を理由に、周囲は「諦めろ」と言うが、それでも折れない。そんなとき、家族を養うためにファッションデザイナーの夢を諦めようとする都村育人に出会う。――これは一途に夢を追って走り続ける、2人の物語。

藤戸千雪役を花守ゆみりさん、都村育人役を花江夏樹さん、長谷川心役を茅野愛衣さん、綾野遠役を木村良平さん、都村ほのか役を石川由依さん、都村葵役を山村響さん、都村いち花を赤尾ひかるさん、柳田一役を諏訪部順一さんが演じる。

原作コミックは第14巻まで発売されている。

(C)猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年4月7日(火)

2020年4月6日(月)

2020年4月5日(日)

2020年4月4日(土)

2020年4月3日(金)

予約受付中の人気作品