■ 「どうにかなる日々」5/8公開。花澤香菜、小松未可子、櫻井孝宏ら

劇場アニメ「どうにかなる日々」の公開日が5月8日に決まり、劇中で描かれるエピソードとキャストが発表された。

▼EP1「えっちゃんとあやさん」
「そういうワケで、ファーストキスは女の子なんだけど」。かつて同性からモテモテだった女の子“百合”は、いつのまにか男性と結婚。結婚式に友人として参加していたのは、百合の“高校時代の彼女”えっちゃんと、“短大時代の彼女”あやさん。元恋人の結婚式で傷心のふたりは、お互い惹かれ合い。
えっちゃん役を花澤香菜さん、あやさん役を小松未可子さんが演じる。

▼EP2「澤先生と矢ヶ崎くん」
「先生、首、きれいですね」。味気なく、特に感慨もない卒業式の日。男子校の教師・澤は突然、生徒の矢ヶ崎に告白をされる。澤の波立つ心とは裏腹に、卒業式は変わらず毎年やってきて…。
澤先生役を櫻井孝宏さん、矢ヶ崎くん役を山下誠一郎さんが演じる。

▼EP3「しんちゃんと小夜子」
「今だから言うけど、ぼくほんとはさみしかったんだ」。親に勘当された従姉の小夜子と、一時的に同居することになったしんちゃん。夏休みの宿題を一緒にしていた幼馴染み、みかちゃんとしんちゃんは小夜子が出たAVを興味本位で見てしまう。ふたりは戸惑う気持ちを抱えながらもそれぞれ成長していく。
しんちゃん役を木戸衣吹さん、みかちゃん役を石原夏織さん、小夜子役をファイルーズあいさんが演じる。

▼EP4「みかちゃんとしんちゃん」
「しんちゃんが誰にも言わないでって言ったから」。中学2年生になった幼馴染みの、みかちゃんとしんちゃん。しんちゃんの従姉・小夜子が出演した1本のビデオに未だ囚われながら、思春期の距離感ともどかしさが、ふたりを包むリアルな青春物語。

誰かを想う日常は、ときに甘くて、ときに痛い。そんな、なるようにしかならない日々も、きっと、いつか。元恋人の結婚式、男子校の先生と生徒、心と身体の変化を迎える思春期の幼馴染。誰が相手でも、どんな形でも、全ての恋と生き方には同等の価値がある。そして、不器用に誰かを想った日々は、きっといつか愛しい思い出になる。そんな“誰かの恋”を優しく見守り、温かく描くオムニバスショートストーリー集。

志村貴子先生の様々な恋模様を淡く繊細に描いた同名オムニバス漫画が原作。監督は佐藤卓哉さん、演出は有冨興二さん、脚本は佐藤卓哉さん・井出安軌さん・冨田頼子さん、キャラクターデザインは佐川遥さん、アニメーション制作はライデンフィルム京都スタジオ。

(C)志村貴子/太田出版・「どうにかなる日々」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年4月2日(木)

2020年4月1日(水)

2020年3月31日(火)

2020年3月30日(月)

2020年3月29日(日)

予約受付中の人気作品