■ 「ダーウィンズゲーム」11話。カナメと王の全面戦争の行方はいかに

3月20日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ダーウィンズゲーム」第11話「血盟(サンセットレーベンズ)」のあらすじと場面が公開された。
敵であろうと殺すことに抵抗があり、リュージの提案する殲滅作戦にも反対していたカナメ。しかし、友人であるシノヅカが惨殺されたことで、これまでの自分の考えの甘さに気づき、ついに覚悟を決める。王との決着をつけるべく、自らクランバトルを仕掛けるのだった。カナメと王、サンセットレーベンズとエイスの全面戦争の行方はいかにーー。

■TVアニメ「ダーウィンズゲーム」とは
FLIPFLOPs先生の同名コミックが原作。監督は徳本善信さん、キャラクターデザインは中西和也さん、シリーズ構成・脚本は深山秀さん(FLIPFLOPs)、音楽は末廣健一郎さん、アニメーション制作はNexus。

平凡な高校生である須藤要(スドウカナメ)のもとに見知らぬアプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。アプリを起動させてしまったカナメは、プレイヤー同士が異能を駆使して戦うゲームに巻き込まれてしまう。わけもわからぬまま、襲い来る強力なプレイヤーとのバトルを切り抜け、カナメは生き残ることが出来るのか?

須藤要役を小林裕介さん、狩野朱歌役を上田麗奈さん、レイン役を大森日雅さん、リュージ役を八代拓さん、スイ/ソータ役を花守ゆみりさんが演じる。

コミックは第19巻まで発売されている。

(C)FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年4月6日(月)

2020年4月5日(日)

2020年4月4日(土)

2020年4月3日(金)

2020年4月2日(木)

予約受付中の人気作品