■ 「BLEACH」久保帯人先生の「BURN THE WITCH」秋に劇場アニメ化

「BLEACH」の久保帯人先生の新作「BURN THE WITCH」が2020年秋に劇場中編アニメーション化される。若き2人の魔女の奮闘を描いた読切作品として2018年に発表されたもので、今夏より週刊少年ジャンプでシリーズ連載化される。ティザービジュアルとティザーPVが解禁された。

世界には表(フロント)があれば裏(リバース)がある。遥か昔からロンドンに於ける全死因の72%は、人々が見ることのできないドラゴンと呼ばれる“異形の存在”が関わっていた。しかし、人知れずそのドラゴンと相対する人々がいた。ドラゴンの存在を見ることができるのは、フロント・ロンドンの“裏側”に拡がるリバース・ロンドンの住人だけ。その中でも、選ばれし人々がウィッチ(魔女)/ウィザード(魔法使い)となり、ドラゴンと直接接触する資格を持つ。主人公は、自然ドラゴン保護管理期間「ウイング・バインド」(通称WB)の保護官である新橋のえるとニニー・スパンコールの魔女コンビ。彼女たちの使命は、ドラゴンに接触できない人々に代わり、ロンドンに生息するドラゴンたちを保護・管理することだった。

監督は川野達朗さん、副監督は清水勇司さん、脚本は涼村千夏さん、キャラクターデザインは山田奈月さん、ドラゴンデザインは大倉啓右さん、アニメーション制作はteamヤマヒツヂ/スタジオコロリド。

ニニー・スパンコール役を田野アサミさん、新橋のえる役を山田唯菜さんが演じる。

(C)久保帯人/集英社・「BURN THE WITCH」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年4月6日(月)

2020年4月5日(日)

2020年4月4日(土)

2020年4月3日(金)

2020年4月2日(木)

予約受付中の人気作品