■ 「デンドロ」11話。窮地に陥ったルークは凍結に条件と法則があると

3月26日よりAT-X、TOKYO MX、BS11、サンテレビにて放送されるTVアニメ「インフィニット・デンドログラム」第十一話「勝利者の右腕」のあらすじと場面が公開された。
激闘を繰り広げるルークとユーゴー。<マジンギア>の攻撃を先読みしながらも、ルークの身体はユーゴーの【凍結】スキル《地獄門》によって確実に蝕まれていた。窮地に陥る中、ルークは思考する。この【凍結】にはなんらかの条件と法則がある、と――。

■TVアニメ「インフィニット・デンドログラム-」とは
著:海道左近先生/イラスト:タイキ先生のVRMMOを舞台としたライトノベルが原作。

2043年7月15日。各々のプレイヤーによって千差万別、否、“無限”のパターンの進化を辿る独自のシステム《エンブリオ》を有するダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>が発売された。それまでのVRMMOが実現できず、技術的に不可能とされてきた要素を備えていた<Infinite Dendrogram>は瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻した。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二は、長い受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を始めるのだった――。

レイ・スターリング(椋鳥玲二)役を斉藤壮馬さん、ネメシス役を大野柚布子さん、シュウ・スターリング役を日野聡さん、ルーク・ホームズ役を小市眞琴さん、バビロン役を高田憂希さん、ユーゴー・レセップス役を村瀬歩さん、キューコ役を小倉唯さん、マリー・アドラー役を日笠陽子さん、リリアーナ・グランドリア役を悠木碧さん、ミリアーナ・グランドリア役を春瀬なつみ さん。チェシャ役を井澤詩織さん、フィガロ役を鈴村健一さん、迅羽役を東山奈央さん、ジュリエット役を桑原由気さん、チェルシー役を内田真礼さんが演じる。

原作ノベルは第11巻まで、今井神先生によるコミックは第6巻まで発売中だ。


(C)海道左近・ホビージャパン/インフィニット・デンドログラム製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年3月28日(土)

2020年3月27日(金)

2020年3月26日(木)

2020年3月25日(水)

2020年3月24日(火)

予約受付中の人気作品