■ 「キングダム」合従軍編3話。全軍で国門・函谷関にて敵を迎え撃つ

4月19日よりNHK総合にて放送されるTVアニメ「キングダム」第3シリーズ第3話「函谷関攻防戦」のあらすじと場面が公開された。
軍総司令・昌平君に召集され、秦国の名だたる将軍が一堂に会した。そうそうたる面々を前に昌平君は、国家存亡の危機を救う僅かな望みをかけた作戦を発表する。それは、全軍で国門“函谷関”にて敵を迎え撃つこと。この作戦を受け、秦国を挙げた大軍勢が函谷関へと集結。その中には信の“飛信隊”、信と同世代の将、王賁率いる“玉鳳隊”、蒙恬率いる“楽華隊”もいた。秦国の命運を握る戦いの幕がついに切って落とされた!

■TVアニメ「キングダム」とは
監督は今泉賢一さん、キャラクターデザインは阿部恒さん、シリーズ構成は高木登さん、アニメーション制作はスタジオ サインポスト。

紀元前、中国西方の秦国に、今は亡き親友と夢見た「天下の大将軍」を目指す若き千人将・信がいた。かつて王都で起きたクーデターに巻き込まれ、現在の秦王・?政と運命的に出会った信は、自身の夢をかなえ、?政が目指す「中華統一」をともに成し遂げるため戦場に身を置くことになる。戦地で散った師・王騎の死を乗り越え、蒙恬や王賁ら同世代の隊長たちと切磋琢磨しながら、着実に夢への階段を上ってゆく信。一方、?政もまた、壮大な目標に向け、相国・呂不韋から国の実権を奪い返すべく宮廷内での勢力拡大に力を注ぐ。そんな中、軍事最重要拠点のひとつ山陽さんようの攻略に成功した秦国は、これにより中華統一へ一歩近づくこととなった。だが、七国の勢力図を塗り替えかねないこの一手に危機感を抱く趙国の天才軍師・李牧は、楚国の宰相・春申君を総大将に、楚、趙、魏、燕、韓、斉の六国による合従軍を興し秦国への侵攻を開始する! 未曾有の危機に、秦国は持てるすべての武力を結集して、合従軍を迎え撃つ!!

信役を森田成一さん、嬴政役を福山潤さん、河了貂役を釘宮理恵さん、桓騎役を伊藤健太郎さん、王賁役を細谷佳正さん、蒙恬役を野島裕史さん、王翦役を堀内賢雄さん、蒙武役を楠大典さん、騰役を加藤亮夫さん、李牧役を森川智之さん、春申君役を内田夕夜さん、汗明役を田中美央さん、?燐役を田中敦子さん、呉鳳明役を浪川大輔さん、項翼役を鈴木達央さん、白麗役を上村祐翔さんが演じる。

(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年8月5日(水)

2020年8月4日(火)

2020年8月3日(月)

2020年8月2日(日)

2020年7月31日(金)

予約受付中の人気作品