■ 「かくしごと」5話。姫の「嫌な当番も…」発言で漫画新人賞審査員を

4月30日より放送されるTVアニメ「かくしごと」第5話「それでも鉢は廻ってくる」「泊めたねっ!」のあらすじと場面が公開された。
十丸院から「他の先生も持ち回りでやっているので」と漫画新人賞の審査員を頼まれた可久士。「絶対に引き受けない」と断るが、自宅で姫から「嫌な当番も誰かがやらないと、社会が回っていかない」と先生に教わったことを説かれ、態度を一変させる。後日、可久士の自宅に運び込まれたのは大量のダンボール箱。表面には「新人賞応募原稿」の文字……そのせいで姫に仕事がバレたらどうすると、可久士はついにクレームを入れるのだが……。

■TVアニメ「かくしごと」とは
久米田康治先生の同名コミックが原作。監督は村野佑太さん、シリーズ構成・脚本はあおしまたかしさん、キャラクターデザインは山本周平さん、音楽は橋本由香利さん、アニメーション制作は亜細亜堂。

ちょっと下品な漫画を描いてる漫画家の後藤可久士。 一人娘の小学4年生の姫。可久士は、何においても、愛娘・姫が最優先。親バカ・可久士が娘・姫に知られたくないこと。それは……自分の仕事が『漫画家』であること。自分の"かくしごと"が知られたら 娘に嫌われるのでは!?  "愛と笑い、ちょっと感動のファミリー劇場がはじまる――"

後藤可久士役を神谷浩史さん、後藤姫役を高橋李依さん、志治仰を八代拓さん、墨田羅砂役を安野希世乃さん、筧亜美役を佐倉綾音さん、芥子駆役を村瀬歩さん、十丸院五月役を花江夏樹さん、大和力郎役を小山力也さん、内木理佐役を沼倉愛美さん、古武シルビア役を小澤亜李さん、東御ひな役を本渡楓さん、橘地莉子役を和氣あず未さん、六條一子役を内田真礼さん、ナディラ役を加藤英美里さん、マリオ役を浪川大輔さん、千田奈留役を逢田梨香子さん、汐越羊役を古城門志帆さん、城路久美役を原由実さんが演じる。

原作コミックは第11巻まで発売中だ。

(C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年5月26日(火)

2020年5月25日(月)

2020年5月24日(日)

2020年5月23日(土)

2020年5月22日(金)

予約受付中の人気作品