■ 「啄木鳥探偵處」8話。喀血し倒れた啄木の身を案じる京助だったが

6月2日よりTOKYO MXほかにて放送されるTVアニメ「啄木鳥探偵處」第八首「若きおとこ」のあらすじと場面が公開された。

血を吐いて倒れた啄木のもとに、女中の加世が依頼人の環を連れてくる。一度は断った啄木だったが、環の死生観や中性的な魅力に惹かれて依頼を受けることに。環は「蝙蝠男」として活躍した軽業師・鑑と深い関係だったが、鑑が事故死したことがきっかけとなり、彼の弟に脅迫されているというのだ。一方、京助は死を匂わせる短歌を書いた啄木が心配でたまらなかったが、胡堂たちは啄木の冗談としか受け取らず、心配する素振りも見せない。

■TVアニメ「啄木鳥探偵處」とは
第3回創元推理短編賞を受賞した伊井圭先生の本格ミステリ小説が原作。総監督は江崎慎平さん、監督は牧野友映さん、シリーズ構成は岸本卓さん、キャラクター原案は佐木郁さん、キャラクターデザインは原修一アさん、アニメーション制作はライデンフィルム。

浅草十二階こと凌雲閣で幽霊が目撃された――。明治42年、学者・金田一京助のもとへ石川啄木が持ち込んできた、幽霊騒動を報じる新聞記事。家族を養うため探偵業を始めた啄木から強引に誘われ、京助は助手役として調査に加わったのだが……。

石川啄木役を浅沼晋太郎さん、金田一京助役を櫻井孝宏さん、野村胡堂役を津田健次郎さん、平井太郎役を小野賢章さん、吉井勇役を斉藤壮馬さん、萩原朔太郎役を梅原裕一郎さん、若山牧水役を古川慎さん、芥川龍之介役を林幸矢さんが演じる。

(C)2020伊井圭・東京創元社/「啄木鳥探偵處」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月10日(金)

2020年7月9日(木)

2020年7月8日(水)

2020年7月7日(火)

2020年7月6日(月)

予約受付中の人気作品