■ ラッキースケベ連発百合ラブコメ「立花館To Lieあんぐる」最終9巻

merryhachi先生のコミック百合姫連載漫画「立花館To Lieあんぐる」第9巻(最終巻)が発売された。

女子高生・夏乃はなびがボロアパート・立花館に入居したことから始まるエッチな百合ラブコメ。テレビアニメが2018年春に放送された。

はなびは高校進学で6年ぶりに故郷の田舎の町へ帰ってくるも、手違いからボロアパートに住むことに。幼なじみの藤原このみなど、個性的なアパートの管理人や住人たち相手にしたコメディが展開。さまざまなラッキースケベが発生するのが特徴だ。

老朽化の立花館に「解散宣言」がでてしまう…! 激変する毎日に、溢れる気持ちを伝えようとこのみは駆け出した。加速する恋愛模様の真ん中で、夏乃はなびが決断する。……さよなら、立花館!

・Amazon「立花館To Lieあんぐる: 9」
・Amazon「立花館To Lieあんぐる: 9」(※Kindle版)

特装版には、皆の数年後の未来を描いた漫画小冊子「立花館ToLieあんぐるあふたー」がセット。あの子とあの子の間に○○が…!?それぞれの幸せを送っているという内容。

・Amazon「立花館To Lieあんぐる(9)特装版」
・Amazon「立花館To Lieあんぐる(9)特装版」(※Kindle版)

■TVアニメ「立花館To Lieあんぐる」とは
原作はmerryhachi先生の同名コミック。総監督はひらさわひさよしさん、チーフ演出はつしまゆりかさん、キャラクターデザインは花井柚都子さん、シリーズ構成・脚本は WORDS in STEREO、アニメーション制作をCreators in pack/スタジオリングスが担当する。

高校進学に合わせて、6年ぶりに帰ってきた田舎の街。 お洒落なデザイナーズマンション風の寮“橘館”から優雅に登校…と思ったら、手違いでボロアパート“立花館”に入居するハメになった夏乃はなび。 立花館では入居初日から謎の全裸の美少女に遭遇したり年上お姉さんの恥ずかしいトコロをうっかり目撃してしまったり なぜかつっかかってくる幼馴染みの恥ずかしいトコロを凝視してしまったり。 …って、全然「ラッキー♪」なんか思ってないんだからっ! 1ヵ月の契約が終わったら絶対出てってやるっ!

主人公の夏乃はなび役を津田美波さん、藤原このみ役を桜木アミササさん、篁いおり役を仲田ありささん、藤原依子役を松嵜麗さん、月城優役を小松未可子さん、三井そのあ役を喜多村英梨さんが演じる。

主題歌はエラバレシの「もっと、ねぇもっと」。

(C)merryhachi・一迅社/立花館製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月10日(金)

2020年7月9日(木)

2020年7月8日(水)

2020年7月7日(火)

2020年7月6日(月)

予約受付中の人気作品