■ 10月~放送「無能なナナ」に大久保瑠美、下野紘、中村悠一。PVも

ブリッジ制作でTVアニメ化が発表されていた「無能なナナ」の放送時期が2020年10月よりと決まった。ティザービジュアルとPV第1弾が公開され、ビジュアルに描かれている3キャラクターのキャストが発表された。

柊ナナ役を大久保瑠美さん、中島ナナオ役を下野紘さん、小野寺キョウヤ役を中村悠一さんが演じる。

▼柊ナナ(CV:大久保瑠美さん)
転校生の少女。自称「人の心が読めますが、空気は読めません!」。友だち思いで愛情深く、責任感が強くて礼儀正しい美少女。基本はいつもニコニコ。物腰はお気楽、能天気で、けっこうドジも多い。だが観察力、推理力にすぐれ、「人類の敵」との戦いでは、大いに力を発揮する。

▼中島ナナオ(CV:下野紘さん)
正義感の強い、能力者の少年。ヒーローに憧れ、学園能力バトル漫画が好き。「人類の敵」に立ちむかう熱い心と向上心を抱いているが、自分の能力に自信を持てず、教室では地味な存在。自分の能力がどんなものかも隠し続け、そのためクラスメートからは「無能」と呼ばれ、からかわれていた。だが、転校生の少女、柊ナナとの出会いをきっかけに、意外な運命の転変を経験することになる。

▼小野寺キョウヤ(CV:中村悠一さん)
柊ナナと同じ日に転校してきた能力者の少年。無愛想で無遠慮。自分の能力についても簡 単には明かさない、用心深い性格。謎の多い存在。ナナに劣らない観察力、推理力を持ち、また非常な読書家で博識。学園で頻発するさまざまな事件の調査にたずさわるうち、ナナとは協力者であると同時にライバルのような関係になってゆく。演歌とアイドルソングが好き。友だち募集中。

オープニングテーマは富田美憂さんの「Broken Sky」、エンディングテーマは藤川千愛さんの「バケモノと呼ばれて」に決まった。

■TVアニメ「無能なナナ」とは
原作:るーすぼーい先生/作画:古屋庵先生の同名コミックが原作。監督は石平信司さん、シリーズ構成は志茂文彦さん、キャラクターデザインは佐野聡彦さん、アニメーション制作はブリッジ。

「わたし、人の心が読めます!でも、ちょっと空気は読めません!よろしくお願いします!」
孤島にある奇妙な学園。生徒、中島ナナオの前にあらわれたのは、転校生の柊ナナ。ここは、さまざまな能力を持つ少年少女が集う施設。炎や氷をあやつる者。自在に宙を飛べる者。空気を刃にして攻撃できる者――。生徒たちは、「人類の敵」と呼ばれる怪物と戦うために訓練を受けているのだ。だが、島にはいくつもの秘密が隠され、おそるべき罠が牙をむく。続発する怪事件。学園にひそむ殺人鬼。一人、また一人と姿を消してゆく同級生。予想を裏切る展開。知力、能力の限りを尽くした頭脳戦。そして友情。熱いドラマにいろどられた、「人類の敵」との死闘が、いま、始まる!

原作コミックは第6巻まで発売中だ。

(C)Looseboy・Iori Furuya/SQUARE ENIX
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年8月4日(火)

2020年8月3日(月)

2020年8月2日(日)

2020年7月31日(金)

2020年7月30日(木)

予約受付中の人気作品