■ 「恋とプロデューサー」9話。暴走事件を収める手掛かり求め大学へ

9月9日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~」#09「モノクローム」のあらすじと場面、予告が公開された。
Evolが暴走し、わたしの前から去ったハク。時を同じくして、キラはファンの暴徒化を受け引退、ゼンは連絡もつかず行方不明となってしまう。会社にもEvolの暴走が原因とみられる事件の情報が届く中、わたしは暴走事件を収める手掛かりを求め、シモンが勤める恋花大学へ向かう。

■TVアニメ「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~」とは
人気女性向け同名恋愛ゲームが原作。監督は境宗久さん、シリーズ構成は吉村清子さん、キャラクターデザインは山口仁七さん、アニメーション制作はMAPPA。

亡き父の跡を継いだわたしは、小さな映像会社「キセキエンタテイメント」の社長兼プロデューサーとして、TV番組『奇跡発見!』を盛り上げようと日々奮闘していた。そんなわたしの前に現れたのは立場も性格も違う4人の『Evolver(超進化人類)』。天才科学者として知られるシモン。人気絶頂のアイドルであるキラ。警官としてEvolver犯罪対策局に勤めるハク。そして、わたしの会社の出資者であるファーレイグループCEOのゼン。彼らEvolverと出会うことで、わたしは父の死の真実と、自分が失った記憶、そしてその裏に潜む巨大な陰謀へと巻き込まれていくことになる。わたしと彼らが全力で走り続けた先にたどり着く真実とは…。

物語のカギを握る超能力者“Evolver”の4人、ゼン役を杉田智和さん、キラ役を柿原徹也さん、ハク役を小野友樹さん、シモン役を平川大輔さん、わたし役を金元寿子さんが演じる。

(C)恋とプロデューサー/Paper Pictures/MAPPA/
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)