■ 「PROJECT SCARD」がTVアニメ「レイタの傷」に。2021年1月放送

東京――『暁特区』を舞台に、神を封じたタトゥーを宿す者たちが多くの出会いと戦いを描く「PROJECT SCARD」が「プレイタの傷」というタイトルでTVアニメ化され、2021年1月よりMBS、TBS、BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送される。ドラマCDのその後を描いた物語。

東京――『暁特区』。国が新たに打ち立てた経済特区予定地で、大企業『サキシマホールディングス』に行政権が譲渡された。特区内でのみ適用される課税軽減などの利権を巡り、敵対企業が陰謀を巡らせた結果、大型暴動・暁抗争が勃発。内政は荒れ果て、サキシマホールディングスも解体。暁特区は国の自治も及ばない不管理地域となる。その無法地帯となった街を守る男たちがいた。

「ディヴァイン・タトゥー」という、荒ぶる神獣の力を封じ込めたタトゥーを持つ人間、通称『スカード』はそれぞれ固有の特殊能力と、全ての攻撃を無力化するほど――銃弾が身体に届く前に弾け飛び、刀は砕ける――の防御力を与える。

タトゥーの能力を生かし、街を守る「ヘリオス」、組織を守る「アルテミス」、秩序を守る「公安特務」たちが新興勢力となり、暁特区に鎮座する。

未だ日常的に、微力ではあるが抗争が続く中で、それでもなお彼らは自らの「正義」を貫く。これはそんな激動の中を生きる彼らの、当たり前の日常を描いた物語である。

原作はGoHands×Frontier Works、監督・キャラクターデザインは鈴木信吾さん、脚本は八薙玉造さん、総作画監督は古田誠さん・谷圭司さん、メカデザイナーは大久保宏さん、メインアニメーターは内田孝行さん・大久保宏さん、アニメーション制作はGoHands。

嵐柴エイジ役を髙坂篤志さん、嵐柴カズマ役を千葉翔也さん、茶木縞カガミ役を榎木淳弥さん、鷲峰ラン役を益山武明さん、烏末ジン役を野上翔さん、龍眞コウガ役を八代拓さん、虎尊イツキ役を畠中祐さん、甲斐ヤマト役をランズベリー・アーサーさん、鞍馬ホクト役を福原かつみさん、先代フレスヴェルグ役を津田健次郎さん、先代モリガン役を上田燿司さんが演じる。

(C)PROJECT SCARD
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月25日(水)

2022年5月24日(火)

2022年5月23日(月)

2022年5月22日(日)

2022年5月21日(土)