■ 「ログ・ホライズン 円卓崩壊」7話。葉蓮仙女に操られるエリアス

2月24日よりEテレにて放送されるTVアニメ「ログ・ホライズン 円卓崩壊」第7話「呪いではなく」のあらすじと場面が公開された。
中原サーバーの白桃廟(はくとうびょう)でHP(ヒットポイント)を削られ、過去の記憶もさだかでないまま隠遁生活を過ごすクラスティは、ある日思い立ってファーデャオを連れて山を降りることにする。そんなクラスティに遭遇したのは、葉蓮仙女に言いくるめられ、カナミたち一行と別れたエリアスだった。「相手にとどめを刺せない」という呪いに苦しむエリアスは、クラスティを魔神と信じて襲いかかるのだったが…。

■TVアニメ「ログ・ホライズン 円卓崩壊」とは
原作は橙乃ままれさん、ストーリー監修は桝田省治さん、キャラクター原案はハラカズヒロさん、監督は石平信司さん、シリーズ構成は根元歳三さん、音響監督ははたしょう二さん、音楽は高梨康治さん、アニメーション制作はスタジオディーン。

ある日突然、人気オンラインゲーム『エルダー・テイル』の世界に、数万人のプレーヤー『冒険者』が閉じ込められた! モンスターや魔法がリアルに存在する異世界で人々は混乱し、冒険者の街『アキバ』は秩序を失っていた―

人づきあいの苦手な青年・シロエもそんな冒険者のひとりだったが、意を決したシロエは盟友の直継、アカツキ、にゃん太らとギルド『ログ・ホライズン』を結成。さらに、持ち前の知略を武器に冒険者の結束を呼びかけ、自治組織『円卓会議』を立ち上げ、街に平和と安定を取り戻す。

この『円卓会議』を中心に、ゲーム世界のもともとの住人である『大地人』との交流も進み、筆頭貴族コーウェン家の令嬢・レイネシアがアキバに赴任するなど、冒険者と貴族や商人、一般市民などとの外交や取引も活発化していく。

しかし、冒険者たちが異世界に飛ばされた『大災害』から1年が過ぎ、つかの間の繁栄を享受していたアキバの街には、新種のモンスター『典災』の襲来や東西の貴族どうしの権力闘争、冒険者間の格差・思惑の違いなど、多くの火種がくすぶり続けていた。

そして、ついに冒険者の結束の象徴『円卓会議』に決定的な危機が訪れる…

シロエ役を寺島拓篤さん、直継役を前野智昭さん、アカツキ役を加藤英美里さん、にゃん太役を中田譲治さん、トウヤ役を山下大輝さん、ミノリ役を田村奈央さん、五十鈴役を松井恵理子さん、ルンデルハウス役を柿原徹也さん、てとら役を藤井ゆきよさん、マリエール役を原由実さん、ヘンリエッタ役を高垣彩陽さん、セララ役を久野美咲さん、レイネシア役を伊瀬茉莉也さん、エリッサ役を葉山いくみさん、カナミ役を井上麻里奈さん、クラスティ役を櫻井孝宏さん、高山三佐役を名塚佳織さん、リーゼ役を村川梨衣さん、ソウジロウ役を下野紘さん、ミチタカ役を後藤ヒロキさん、カラシン役を岡本信彦さん、アイザック役を日野聡さん、アインス役を西田雅一さん、ウィリアム=マサチューセッツ役を中村悠一さん、トウリ役を河西健吾さん、サラリヤ役を甲斐田裕子さん、リ=ガン役を多田野曜平さん、レリア=モフール役を石見舞菜香さん、リトカ=モフール役を山下七海さんが演じる。

(C)橙乃ままれ・KADOKAWA/LHP
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)