■ 「ピーチボーイリバーサイド」5話。吸血鬼に街の人を皆殺しにと

7月29日よりTOKYO MX、BS日テレほかにて放送されるTVアニメ「ピーチボーイリバーサイド」第5話「フラウと吸血鬼」のあらすじと場面が公開された。
サリーたちが次にやって来たのは、『吸血鬼』が人々を襲っていると噂される街。そこでもやはり、亜人であるフラウは差別される。サリーの力で差別する人間を懲らしめてやればいいと訴えるキャロットに、「私の力は人間には使えない」と答えるサリー。サリーに心を許しかけていたキャロットは、「それこそ差別じゃないか」と、不信感を抱いて――『吸血鬼』を見つけ出すと、この街の人間を皆殺しにしてほしいと頼むのであった。

■TVアニメ「ピーチボーイリバーサイド」とは
原作:クール教信者先生/漫画:ヨハネ先生の同名漫画が原作。監督は上田繁さん、シリーズ構成は大知慶一郎さん、キャラクターデザインは栗田聡美さん・加藤真人さん、アニメーション制作は旭プロダクション。

昔々のお話です。ある所におじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは山へ芝刈りにおばあさんは川へ洗濯に──(中略)ついには鬼を退治しましたが、外国にも鬼がいるようなので...桃太郎は海を渡りました。すごいのは倒したこと 喜ぶべきは救ったこと ただ一つ...駄目だったことは......────楽しんだことこれはもしもの話だが......もし流れてきた大きな桃が一つではないとしたら...日本に流れてきた桃が複数あるうちの一つに過ぎないとしたら...

サリー役を白石晴香さん、ミコト役を東山奈央さん、フラウ役をM・A・Oさん、ホーソン役を増田俊樹さん、キャロット:戸田めぐみさん、犬役を斉藤次郎さん、ウィニ役ーを戸松遥さん、ミリア役を峯田茉優さん、皇鬼役を平川大輔さん、轟鬼役を村井美里さん、ジュセリノ役を久保ユリカさん、アトラ役を鈴華ゆう子さんが演じる。

原作コミックは第9巻まで発売中だ。

(C)クール教信者・ヨハネ/講談社/「ピーチボーイリバーサイド」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年9月17日(金)

2021年9月16日(木)

2021年9月15日(水)

2021年9月14日(火)

2021年9月13日(月)

予約受付中の人気作品