■ 現代社会に突如現れた怪獣への対処を超リアルに描く「怪獣自衛隊」第5巻

井上淳哉さんの漫画「怪獣自衛隊」第5巻が発売された。

「BTOOOM!」で知られる井上淳哉さんの作品で、白土晴一さんが企画協力を担当。近未来に太平洋で大津波が発生して怪獣が現れ、人々が平和を取り戻すべく奮闘する超リアリティ怪獣掃討記だ。

大津波の発生1カ月後に沖ノ鳥島が怪物に襲われる事件が発生。助けに向かった海上自衛隊の護衛艦も沈没させられる。その4年後、怪物は尖閣諸島に姿を現し、世間にその姿を知らしめる。

新潮社による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができるほか、コミックバンチwebで第0~2話と連載分が読める。

ebookjapan「怪獣自衛隊 (5)」(※電子版)
楽天「怪獣自衛隊 (5)」
新潮社「怪獣自衛隊 5巻」
※コミックバンチweb
※くらげバンチ
※各巻の試し読み

消えた怪獣、深まる混乱、錯綜する情報。真実を見極めろ。

怪獣は現れたが、ヒーローはいない。人類は己の力のみで平和を勝ち取る事ができるか――!? 怪獣の東京出現を受けて、都、警視庁、そして自衛隊特殊災害対策室『TaPs』は駆除作戦に動き出す。しかし、怪獣はなかなか姿を現さず……。“いる”はずなのに見えない脅威に――。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月16日(月)

2022年5月15日(日)

2022年5月14日(土)

2022年5月13日(金)

2022年5月12日(木)