■ 「グッバイ、ドン・グリーズ!」に花江夏樹、梶裕貴、村瀬歩が出演

いしづかあつこさんが監督・脚本、キャラクターデザインを吉松孝博、制作をMADHOUSEが担当するオリジナル劇場アニメーション「グッバイ、ドン・グリーズ!」が2022年に公開される。ティザービジュアル、特報、キャストが解禁された。

東京から少し離れた田舎町に暮らす少年・ロウマ。周囲と上手く馴染むことができないロウマは、同じように浮いた存在であったトトと二人だけのチーム"ドン・グリーズ"を結成する。その関係はトトが東京の高校に進学して、離れ離れになっても変わらないはずだった。
「ねえ、世界を見下ろしてみたいと思わない?」
高校1年生の夏休み。それは新たに"ドン・グリーズ"に加わったドロップの何気ない一言から始まった。ドロップの言葉にのせられた結果、山火事の犯人に仕立て上げられてしまったロウマたちは、無実の証拠を求めて、空の彼方へと消えていったドローンを探しに行く羽目に。ひと夏の小さな冒険は、やがて少年たちの“LIFE”生き方を一変させる大冒険へと発展していく。

ロウマ(鴨川朗真)役を花江夏樹さん、トト(御手洗北斗)役を梶裕貴さん、ドロップ(佐久間雫)役を村瀬歩さんが演じる。

▼ロウマ(CV:花江夏樹さん)
関東の田舎町に住む農家の一人息子。特にこれといった趣味もなく、打ち込めるような何かも見つからないため、日々を漠然と過ごしている。同級生たちと上手く馴染むことができず、気の置けない友人はトトだけ。普段の行動範囲は自転車で行ける距離だけで、修学旅行や課外授業以外では近所から出たことがない。

▼トト(CV:梶裕貴さん)
地元で開業し地域を支えている御手洗医院の後継ぎ。幼い頃から医者を目指している秀才だったが、ロウマ同様に学校では浮いた存在だったため、二人だけの秘密基地を作り、「ドン・グリーズ」を結成する。ロウマには、東京の進学校に合格して、派手な髪型で東京生活を満喫しているように見せているが……。

▼ドロップ(CV:村瀬歩さん)
アイスランドからロウマの住む田舎町にやってきた少年。高校への進学でひとりぼっちになってしまったロウマと出会って意気投合し、「ドン・グリーズ」の一員に加わる。どこか謎めいているが、性格はポジティブで何事にも真っ直ぐ。日本にやってきた理由を、ロウマとトトには宝物を探しにきたと話す。

(C)Goodbye,DonGlees Partners
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月16日(月)

2022年5月15日(日)

2022年5月14日(土)

2022年5月13日(金)

2022年5月12日(木)