■ 「たんもし」最終回。君塚の拳とカメレオンが交わろうとした刹那

9月19日よりAT-X、BS日テレ、TOKYO MXほかにて放送されるTVアニメ「探偵はもう、死んでいる。」第12話(最終回)「君と過ごした、あの目も眩むような三年間は」のあらすじと場面が公開された。
君塚の拳とカメレオンが交わろうとした刹那、天井から放たれた銃弾がカメレオンを貫く。そこにいたのは紛れもなく「名探偵」だった。 「君、私の助手になってよ」 4年ぶりの呼びかけに、君塚は上空一万メートルの懐かしい記憶を思い出す。名探偵とその助手は昔話に花を咲かせながらカメレオンに銃口を構える。

■TVアニメ「探偵はもう、死んでいる。」とは
著:二語十先生/イラスト:うみぼうず先生の同名ライトノベルが原作。監督:は栗原学さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラクターデザインは伊藤陽祐さん、アニメーション制作はENGI。

「君、私の助手になってよ」
巻き込まれ体質の少年・君塚君彦は、上空一万メートルを飛ぶ飛行機の中、探偵を名乗る天使のように美しい少女・シエスタの助手となった。二人は世界の敵と戦うため、三年にもわたって世界中を飛び回り、目も眩むような冒険劇を繰り広げ――やがて死に別れた。
激動の日々から一年。高校三年生になった君塚は日常という名のぬるま湯にとっぷり浸かり、ごく普通の学生生活を送っていた。そんな君塚の元に一人の依頼人が現れる。
「あんたが名探偵?」
同級生の少女、夏凪渚との出会いをきっかけに、過去と現在を繋ぐ壮大な物語が再び始まろうとしていた――。

君塚君彦役を長井新さん、シエスタ役を宮下早紀さん、夏凪渚役を竹達彩奈さん、斎川唯役を高尾奏音さん、シャーロット・有坂・アンダーソン役を白砂沙帆さん、コウモリ役を松岡禎丞さん、カメレオン役を子安武人さん、アリシア役を長縄まりあさん、加瀬風靡役を渕上舞さんが演じる。

(C)二語十・うみぼうず/KADOKAWA/たんもし製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月27日(水)

2021年10月26日(火)

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)