■ 「白い砂のアクアトープ」2クール小松未可子、安野希世乃ら出演

TVアニメ「白い砂のアクアトープ」は第13話より2クール目に突入し、舞台は「がまがま水族館」から「アクアリウム・ティンガーラ」になる。第3弾キービジュアルと2クール目PVが公開され、新キャラクターとキャストが発表された。

くくるをはじめ1クール目で「がまがま水族館」を存続させるために奔走したキャラクターたちや知夢、さらに2クール目から登場するキャラクターたちが勢ぞろいしている。くくるたちが着ているのは「アクアリウム・ティンガーラ」の仕事着。

空港でくくると風花が別れるシーンなど1クール目終盤の印象的な場面が続いた後、2クール目から登場する新キャラクターたちが続々と登場する。高校卒業後、「アクアリウム・ティンガーラ」に就職したくくるの新生活の様子が描かれている。

島袋薫役を小松未可子さん、真栄田朱里役を安野希世乃さん、米倉マリナ役を東山奈央さん、比嘉瑛士役を永野由祐さん、星野晃役をてらそままさきさん、諏訪哲司役を日野聡さん、雅藍洞凡人役を阪口周平さんが演じる。

▼島袋薫(CV:小松未可子さん)
魚類を担当している「アクアリウム・ティンガーラ」の飼育員。同じく魚類の担当で自由な行動をとりがちな空也と轟介には手を焼いている。知夢とは気心が知れた仲で、一緒に行動することが多い。

▼真栄田朱里(CV:安野希世乃さん)
「アクアリウム・ティンガーラ」で事務のアルバイトをする大学生。初対面の相手にも気さくに話しかける人懐っこい性格。くくるのほっぺをぷにぷにするのがお気に入り。

▼米倉マリナ(CV:東山奈央さん)
「アクアリウム・ティンガーラ」で働く飼育員。知夢と共にペンギンの飼育を担当している。誰とでもフレンドリーに接し、ペンギン担当の中でもムードメーカー的存在。

▼比嘉瑛士(CV:永野由祐さん)
大学院卒業後、「アクアリウム・ティンガーラ」に就職した新人飼育員。眼鏡がトレードマーク。薫の指導の下、魚類の飼育を担当している。魚を愛し、なんでも魚に例える癖がある。

▼星野晃(CV:てらそままさきさん)
「アクアリウム・ティンガーラ」の館長。ハワイ帰りの陽気な性格で、時に周囲が驚くような指示を出す。おじいとは昔からの知り合い。その縁で、「がまがま水族館」の生き物やくくるたちを「アクアリウム・ティンガーラ」に迎え入れる。

▼諏訪哲司(CV:日野聡さん)
営業部で働く「アクアリウム・ティンガーラ」の副館長。淡々と仕事をこなし、あまり感情を表に出さない。水族館を維持するためには、営業部の仕事が最も重要だという考えの持ち主。くくるへの指導は厳しいが、その裏には秘めた想いも?

▼雅藍洞凡人(CV:阪口周平さん)
「アクアリウム・ティンガーラ」の飼育部長。「まーまーまー」が口癖で、穏やかな性格の半面、時々適当なところがたまにキズ。

■TVアニメ「白い砂のアクアトープ」とは
原作はprojectティンガーラ、監督は篠原俊哉さん、シリーズ構成は柿原優子さん、キャラクター原案はU35さん、キャラクターデザイン・総作画監督は秋山有希さん、制作はP.A.WORKS。

沖縄県南城市にあるちいさな水族館。閉館寸前の水族館の館長代理を務める海咲野くくるは、東京で夢を諦め行き場を失っていた少女・宮沢風花と出逢う。水族館存続のために奮闘するくくると夢を諦め居場所を求める風花。そんな立場の違う2人の少女の絆や葛藤、そして成長の様子が水族館での仕事を通じて描かれる。

海咲野くくる役を伊藤美来さん、宮沢風花役を逢田梨香子さん、照屋月美役を和氣あず未さん、久高夏凛役をLynnさん、仲村櫂役を土屋神葉さん、屋嘉間志空也役を阿座上洋平さん、おじい役を家中宏さんが演じる。

(C)projectティンガーラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月27日(水)

2021年10月26日(火)

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)