■ 「海賊王女」3話。ゴブリンの島を出港てし自由都市バルバラルへ

10月16日よりMBSほかにて放送されるTVアニメ「海賊王女」第3話「バルバラル」のあらすじと場面、予告が公開された。
父の旅を引き継ぎ、ゴブリンの島を出港したフェナと雪丸達。旅の準備のために、自由都市バルバラルへと立ち寄る。そこでフェナは、父の残した石と酷似した売り物を見つける。しかし、目の前に追手が立ちふさがる。

■TVアニメ「海賊王女とは
原作は中澤一登さん×Production I.G、監督は中澤一登さん、脚本は窪山阿佐子さん、音楽は梶浦由記さん、音楽制作はFlyingDog、制作はProduction I.G。

これは、ある少女の記憶から始まる物語。18世紀、大西洋。父と船旅へ出ていたフェナ・ハウトマンは海賊に襲われ、たった一人小型ボートで漂流し、命をつなぎ留める。フェナが漂着したのは、国家が黙認する娼婦・男娼の島<シャングリラ>だった。

10年後──。雪のような肌と白銀に光る髪を持ち、美しく成長したフェナは、初めての"仕事"を目前に控えていた。だが、それを受け入れることはできず、幾度となく想像してきた島からの脱出を決心する。

迫りくる追っ手に絶体絶命のフェナは、真っ赤な鎧に鹿の角の兜をまとった青年・雪丸に救われる。雪丸は、フェナを「見つけ出す」と約束した少年だった。そして2 人の"再会"は、フェナ自身に眠っていた言葉<エデン>を呼び起こす。炎に包まれ、沈みゆく船。「必ず俺が見つけ出す!」と約束した少年。そして最愛の父が叫んだ、あの言葉──。

「<エデン>に向かえ!」

フェナはその真意を知るべく、雪丸たちと共に<エデン>の謎を解く船旅へ出る。

フェナ・ハウトマン役を瀬戸麻沙美さん、雪丸役を鈴木崚汰さん、紫檀役を櫻井孝宏さん、花梨役を悠木碧さん、槐役を佐藤元さん、楓役を逢坂良太さん、椿役を大須賀純さん、真樺役を田中進太郎さん、サルマン役を村治学さん、オットー役を平田広明さん、グレイス・オマリー役を深見梨加さん、チン・シー役を金田愛さん、シャーロッテ・ベリー役を薮内満里奈さん、メアリ・リード役を七瀬彩夏さん、ハンナ・スネル役を河野ひよりさん、アルテミシア役を茉莉邑薫さん、アン・ボニー役を森谷彩子さん、アルビダ役を日野まりさん、アベル・ブルーフィールド役を森川智之さん、コーディ役を八重畑由希音さん、フランツ・ハウトマン役を中谷一博さんが演じる。

(C)Kazuto Nakazawa / Production I.G
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)