■ 「四畳半タイムマシンブルース」に浅沼晋太郎、坂本真綾ら出演

サイエンスSARU制作でアニメ化が発表されていた「四畳半タイムマシンブルース」は2022年にディズニープラスでの見放題独占配信&劇場公開される。ディズニープラスでシリーズ数話の先行配信後、映画版として再編集し劇場公開される。ディズニープラスでしか見られない完全オリジナルエピソードも配信予定だ。

「私」役を浅沼晋太郎さん、明石さん役を坂本真綾さん、小津役を吉野裕行さん、樋口師匠役を中井和哉さん、城ヶ崎先輩役を諏訪部順一さん、羽貫さん役を甲斐田裕子さんが演じることが発表された。

8月12日、灼熱の京都、左京区。「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなった。悪友・小津が 昨夜リモコンを水没させたのだ。「私」が、映画サークル「みそぎ」のクールビューティー明石さんと対策を協議していると、モッサリした風貌の見知らぬ男子学生・田村が現れた。彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。そのとき「私」に天才的なひらめきが訪れた。このタイムマシンで昨日に戻って、壊れる前のリモコンを持ってくればいいじゃないか! しかし、小津たちが勝手気ままに昨日を改変、過去を書き換えていく。世界消滅の危機を予感した「私」は、慌てて止めに入るが、時すでに遅し! 果たして、無事リモコンは、日常は、取り戻せるのか!? そして、「私」と明石さんの恋の行方は――? 「昨日」と「今日」の、世にも迂闊なタイムマシンの無駄遣いが始まる!

監督は夏目真悟さん、脚本は上田誠さん(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案は中村佑介さん、アニメーション制作はサイエンス SARU。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)