■ 「劇場版SAO プログレッシブ」デスゲームの開幕告げる直前映像

10月30日に公開される「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」の仮想現実“SAO”を舞台に、命を懸けたデスゲームの開幕を知らせる公開直前映像「世界編」が解禁された。

《これはゲームであっても遊びではない―。》というゲームマスターの宣告と信じ難い現実に絶望するプレイヤーたちの姿、そしてその中には怯えるシリカの姿も。襲い掛かる脅威のモンスターたちに立ち向かうミトとキリト。アスナの強い眼差しとともに、「このゲームに、この世界に負けたくない。」と強い決意が込められた一言で締めくくられる。

10月30日に新宿バルト9、ユナイテッド・シネマ豊洲にて初日舞台挨拶が実施される。登壇者は松岡禎丞さん、戸松遥さん、水瀬いのりさん、河野亜矢子監督、LiSAさん。

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」初日舞台挨拶

公開第一週目の来場者特典は原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abecさん描き下ろしポストカード(3種ランダム)に決まった。すべて揃えると1枚の絵柄になる。

これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。ところが、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。ゲームマスターは告げた。

《これはゲームであっても遊びではない。》

ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》――。《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

原作は川原礫先生、原作イラスト・キャラクターデザイン原案はabec先生、監督は河野亜矢子さん、キャラクターデザインは戸谷賢都さん、アクションディレクターは甲斐泰之さん、音楽は梶浦由記さん、制作はA-1 Pictures。

キリト役を松岡禎丞さん、アスナ役を戸松遥さん、ミト役を水瀬いのりさんが演じる。

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)