■ 「劇場版SAO -オーディナル・スケール-」10/30に地上波初放送

「劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア」が10月30日に公開されるのを受け、前作「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」が10月30日25時45分からフジテレビにて地上波初放送される。

2022年、天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年……。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(現実拡張)機能を最大限に広げた最先端マシン。≪オーグマー≫は覚醒状態で使用することができる安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていった。そのキラーコンテンツは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMO RPGだった。アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするが……。

これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。ところが、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。ゲームマスターは告げた。

《これはゲームであっても遊びではない。》

ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》――。《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

原作は川原礫先生、原作イラスト・キャラクターデザイン原案はabec先生、監督は河野亜矢子さん、キャラクターデザインは戸谷賢都さん、アクションディレクターは甲斐泰之さん、音楽は梶浦由記さん、制作はA-1 Pictures。

キリト役を松岡禎丞さん、アスナ役を戸松遥さん、ミト役を水瀬いのりさんが演じる。

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月4日(土)

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)